大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 「大坂七墓」のひとつ「浜の墓」にて、葬式仏教について考える | main | 阪急村の歴史 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


北朝鮮人ジャーナリストによる北朝鮮の内情を伝える映像と写真が公開されてます。
アジアプレス

アジアプレス


北朝鮮の潜入報道では群を抜く実績を持つアジアプレスが、北朝鮮国内で秘密裏に撮影した映像と写真を展示するという話を聞いたのは2日前のことでした。

で、そんときに、アジアプレスの大阪事務所が北区の浮田にあるということを知ったのでした。
浮田って、中崎町化が進んでいるオサレ・スポットですがな。そーんなエリアの一角に命知らずのジャーナリストたちの拠点があるとは!ってかんじです。
報道番組でもアジアプレス提供の映像はときどき目にするし、サイトはしょっちゅう見てるし、フィードも購読してるんで、その拠点がめっちゃ近いところにあるとわかって、ちょっとビックリしましたわ。

ちなみに、アジアプレスのサイトは、こちら。

http://www.asiapress.org/

北朝鮮内部映像、ドキュメンタリー上映会、写真展
5月13日(木)〜16日(日)
12:00〜19:00 
入場料200円

です。

北朝鮮といえば、上海万博で、相も変わらずの平壌の楽園っぷりを伝える展覧を行っているみたいですが、それが虚像でしかないことは、もはや周知の事実ですわな。

今回の映像と写真は、北朝鮮の内部からの告発というか、北朝鮮人ジャーナリストによるものです。彼らは、アジアプレスと直接間接に接触を保ってきた結果、自らの意思でジャーナリズム活動をしていくことを決意した人たちです。

もちろん、北朝鮮は情報統制を厳しく行っているし、取材活動にも原稿の受け渡しにも危険が伴うのだから、貴重なものばっかりです。

北朝鮮内部から、というのがいいですね。
こうした写真やテキストは冊子にしてまとめられて、日本だけじゃなく、世界、そして北朝鮮と隣接する中国に流れます。
中国と北朝鮮は一部国境が開かれてますから、そっから北朝鮮国内に持ち込まれる可能性だってあるわけです。



写真と映像から見えてくるのは、度重なる不作によって配給が滞りがちになった北朝鮮国内で、闇市というか、市場経済が静かに進行している実態ですな。

町の公設市場に続く道に、闇市が堂々と、延々と、軒を連ねてます。
その風景は、さながら中国の農村地帯と見間違えるほどですわ。
で、僕なんかの想像だと、こうした闇市を出したりそこで買ったりしたら、ソッコーで当局が飛んできて、取り締まられ、強制収容所送りになって重労働を課せられるんじゃないのか?ってことなんですが、もはや、そんな段階ではないみたいです。

取り締まっても取り締まっても、闇市での売買は収まらず、現在、市場税なるものが導入されていて、闇市の売り上げに税金が課せられてますがな。ということは、北朝鮮政府が、すでに闇市を認めてしまっているということです。

食料配給のマヒが市場経済を育てた、と、そういう図式。

しかも、メンツの国ゆえに平壌だけはピカピカにしてきたのに、その平壌ででも闇市が出現してます。

社会主義体制の国なんで、皆、なんからの職場があるわけです。職場を放棄して闇市なんて開いてられないから、最初は、専業主婦層が闇市を開いていたらしいです。
そこから徐々に職場を放棄して闇市に店を構える男たちも現れるようになり、そのことを黙認してもらうために賄賂が飛び交ったりもしているようです。

興味深かったのは、
統制経済のもとで、たとえば生産地から消費地へモノを運んで市場に並べる、といった流通の基本的なことすらなかなか実現できなかったのが、闇市の出現で、そんなことがいとも簡単に達成できてしまった、というようなこと。
売れなきゃゼニにならない、というインセンティブがあれば、ヒトって、どんな体制でもがんばるんだな、と思いましたです。

あと、闇市のなかでも、場所の取り合いがあるんですね。ちゃんと好立地悪立地があるみたいで、それをめざとく見分ける商才なんかも発揮されてて、抜け駆け気味に好立地の取り合いでケンカが勃発していたり、と、市場経済ならではの風景がちゃんと展開されてます。

値付けで苦労している人がいたり。。。

歌を売っている少年もいました。1曲歌っていくら、という商売。
食糧だけじゃない、サービスが商品になってるんですね。

個人的にもっとも興味深かったシーンは、
半ば公認の闇市で売り買いしている現場に当局が介入し、解散を命じているシーンです。
解散を命じているんですが、売り手も買い手も、当局におとなしくしたがってないんですね。ちょっとぐらいいいじゃないか!見逃せよ!ケチ!というふうに悪態をついている人が、たーくさんいる。

当局の恐怖政治が緩んできている証拠でもあるんだろうけれども、北朝鮮公民だからっておとなしい羊ってわけじゃなくて、むしろ、コリアンの血というか、あのケンカっ早いコリアンそっくりのキャラを持ってる人が多いんじゃないかな、と、思わずにはいられませんでした。


というようなことがよくわかる、なかなか貴重な展示会です。
期間が短いので、興味のある方は、急いで☆



「北朝鮮内部からの通信・リムジンガン」の、
北朝鮮人記者が撮った写真展および、北朝鮮内部映像、ドキュメンタリー上映会
5月13日(木)〜16日(日) 12:00〜19:00
入場 200円
アジアプレス大阪事務所
大阪市北区浮田1-2-3 サヌカイトビル3F
mapを見る
HP http://asiap378.rsjp.net/




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/379
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.