大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 阪急百貨店のオフィスタワーがオープンして、スカイロビーが開放されてます | main | 天満立ち飲みツアー note.008「大阪うどん・そば てんま」- 美味すぎる究極のカレーおじやうどん☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


天満立ち飲みツアー note.番外編「煮たり焼いたり」- ミナミだけど思い入れのあるお店なので(笑) でも贔屓目なしで絶品です☆
むかし、もう10年近くまえ、南船場で毎日のように通っていた店があって、そこは僕の食糧庫のようなのでした。

昼ランチ、夜居酒屋といった風情のカジュアルなカフェ(という言葉はまだチラホラと出はじめのころで、当然、その後に時代を席巻するおされカフェとはまるで違う…)で、僕はそこでお昼を食べ、閉店になってから従業員のみんながグダグダとやっているところを訪れて、夜食の賄いをわけてもらったりしていたのでした。今でいうところの洋風ダイニングなのだけれども、夜、僕は、カツ丼やら焼きそばやらをよくつくってもらってました。500円くらいで(笑)

あのころは、その店の近くの事務所に連日泊まり込んで仕事してたんで、このお店が、僕の食を支えてくれていたのでした。

安くてね。
お昼なんて、メインの皿があって、選べる小鉢2種があって、ご飯は食べ放題で、アフターのドリンクは基本アイテム以外にフレッシュジュース各種、グラスワインまで揃っていて、700円くらいだったような…。

広末涼子とアンパンマンを足して2で割ったようなオーナーのマミさんは顔にも年にも似合わずハードロック好きで、たしか結婚式んときに花嫁姿でディープパープルを演奏して…、と、書いていいのか知らんけれどもオモロい話が満載で、僕は毎晩、この店でひとときの休息をとっていたのでした。

そのお店が閉店になったのはある意味しかたがなくて、とにかく安かったからな。
メチャクチャお客さんが入って、死ぬほど働いて、それでも売り上げがこれっぽっちしかないんだから、めげる…、と、厨房をあずかっていた人がポツリと漏らしていたのを聞いたことがあるけれども、どーもね、粗利の確保が上手くいってなかったみたいなのですね。マミさん、商売下手だったもんなあ(笑)

そんなわけでそのお店はなくなり、僕も仕事の拠点をミナミからキタに移し、それから月日は10年近く流れたのでした。

その間、その店の厨房をあずかっていた人は法善寺に店を出し、そこはちょくちょく行ったんだけれども、僕がキタを拠点にするようになってからは足も遠のき、こちらもまた何年もご無沙汰。

マミさんにいたっては、○○へパートに出た!○○でバイトしてる!など、時折、真偽の定かでない情報が入ってくるきりで、どこでなにをしているのやら…、という状態だったのでした。とてもとても好きなお店だっただけに、再開してくれるといいのになあ、と、折に触れて思うのでした。

そんなとき…、そんなときもなにも、あれから10年近くの月日が流れてるんですが、とある日、普段の行きつけの喫茶店ではないべつの喫茶店に浮気して、普段はまず読まない朝日新聞なんぞに目を通してると、見覚えのある顔が映った写真と、見覚えのある店名のお店が紹介された記事が目に飛び込んできたのでした。

な、な、なんと、ミナミでお店を再スタートさせたとあるではないですか!

そう。お店の名前は、「煮たり焼いたり」

行ってみると、かつての場所とは違っていて、日本橋と難波のあいだ、味園があったりする、あのあたりです。長屋があって、腐ったようなスナックがあって、昭和のある時期で完全に時間がストップしているような…、あの一画のさらにわけのわからん路地を入ったところ(笑)

煮たり焼いたり


店の面構えは雰囲気があっていいんですけど、ロケーション悪すぎです。なんちゅーところに店出すねん!(笑) と、ゲラゲラと笑い転げながら店のドアを開けたのでした。
お久しぶりの再開の抱擁(は、してないけど)のあと、新聞記事よんでもHP見てもシステムがよくわからんかったので、おまかせでお願いしていた料理を出されるままに食べたのでした。

むかしのお店は、洋食ダイニングというか洋風居酒屋だったけれども、今度のお店は、しっかりと食べさせるシチューとグリルのお店です。
ほいで、今度は人を雇わずに、ひとりでやる!と。

ひとりでやるから、料理が出てくるの、異常に遅いです(笑)
しかも3組が限度なので、予約しないとムリです(笑)

店に行けばなんとなくメニューはあるけれども、HPには載ってないし、結局のところ、全部おまかせにしちゃうか、もしくは食べたいものを言って、そっからいろいろと組み合わせをおまかせしちゃうしかありません。

特注でつくってもらった、曲線だらけのカウンターも、どこに保管していたんだか知らないけれども、健在☆

煮たり焼いたり

 
マミさんの毒舌とおっちょこちょこいも健在で、皿は引っくり返すわ、客に文句は言うわ、相変わらずのやりたい放題だったけれども、今度のお店は料理に力を入れまくってるので、料理のレベルは数段上がってますなっ! どれも美味いし、まず外れんし、なによりも丁寧に丁寧につくっていることがとてもよくわかる、気持ちのいいお皿を出してくれます。


いや〜、どれもこれも美味かったんで、写真を撮り忘れかけたり撮り忘れたり…、そんなだから、はっきり言って、食べたもんの詳細を覚えてないぞ、と(笑)



前菜。オリーブオイルのソースを絡めたホタルイカとスモークした豚と焼き野菜、かな?

煮たり焼いたり


岩塩とハーブだけでつくったスープに焼き野菜とハマグリがゴロリ。これ、絶品です☆うなりました。

煮たり焼いたり


佐賀牛のタタキ。付け合わせは焼きリンゴ。
野菜は野菜らしく、肉は肉らしく、スモークは香ばしく。付け合わせまで、すごく気を配ってつくっているのが、どの皿からも、よ〜く伝わってきます。

煮たり焼いたり


トマトベースのシチュー。これは、「煮たり焼いたり」の前の店からの看板メニューなんだけれども、より複雑になって、以前よりも何段も進化してます☆

煮たり焼いたり


そしてこのあと、パスタかリゾットかと言われて、パスタを注文。
どんなパスタがいいかと聞かれて、クリーム系でエロいやつ!と注文出したら、イカのクリームパスタが出てきたんだけれども、案の定、撮影するの忘れてました(笑)
これもなんともいえん滋味深い味で、ほんまに愛情を感じるパスタなのでした。


で、値段の安さは健在で、これにパンがついて、ウーロン茶にビールにグラスワインまで、なんだかんだで6〜7杯飲んで、2人前6,300円也☆

居酒屋に毛の生えた値段ですやん。。。。。
こんな値段でやって、またつぶしたらアカンで、マミさん。。。。。。


大変、美味しゅうございました。
ミナミなんでなかなか行かないけれども、またきっと行くからね☆





煮たり焼いたり
大阪市中央区難波千日前2-11
tel. 06-6632-3959
18:00-24:00
日休み
HP http://nitari.bona.jp/nitari/
mail nitari@nitari.bona.jp
mapを見る





【過去の天満立ち飲みツアー】
■天満立ち飲みツアー note.001「天満酒蔵」
■天満立ち飲みツアー note.002「天平」
■天満立ち飲みツアー note.003「墨国回転鶏Que Rico」
■天満立ち飲みツアー note.004「但馬屋」
■天満立ち飲みツアー note.005「奄美・島料理 てぃだ」
■天満立ち飲みツアー note.006「上海食苑」
■天満立ち飲みツアー note.007「マリンポリス天満駅前店」



 
   

■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/366
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.