大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< あれから20年 | main | 大阪市交通局の秘蔵映像DVD『昭和レトロ映像 VOL.2』の予約がはじまってます! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


中之島のバラ園が一部オープンしてます☆(バラの画像90種付き)
中之島のバラ園が、一部公開されてます☆

まだまだ工事中なんですが、せっかくバラの咲き誇る時期なので、一部、工事に支障のない範囲で公開されてます。本格的なオープンは、「水都大阪2009」にあわせて、8月末になる予定ですが、訪れるなら、バラの旬の今の時期ですよね。

そんなわけで、早速、行ってきました☆

開園は7:00-17:30
もちろん、入場無料。
ライオン橋の真ん中から階段で直接バラ園に降りられます。

バラ園 入口



かつての円形だった花壇はなくなり、長方形の花壇が3つ、並行してしつらえらえてます。
バラのアーチとか、かつていろいろあったフラワーアートのようなモニュメントはキレイさっぱり姿を消してましたが、工事が終わるころには復活するんでしょうか?

バラ園 まだしょぼい



唯一あったオブジェ。街灯にバラの彫刻があしらわれています。

バラ園 街灯



剪定作業も急ピッチで進められてます。

バラ園 剪定



大阪はどの都市と比べても緑化が遅れている都市だと思うのですが、そんななかにあって、中之島公園は、北区だけじゃなくて、大阪市全域で見ても、貴重な公園やと思います。

江戸時代、ここには各藩の蔵屋敷が建ち並んでいて、蔵屋敷相手に商売する富商の長者屋敷も建ち並び、難波橋、天神橋、天満橋の浪花3大橋をしたがえ、大阪城も眺めよく、大川の水もきれいで、なかなかの景勝地として、賑わってます。

明治維新で蔵屋敷が取り上げられた後、ホテルや料亭の進出があってちょっとした乱開発もあったのですが、一方で、中之島の景勝地を公園に指定して、無秩序な開発から守ろうとする動きもあり、明治24年、この地に、初の市民公園ができました。これが、中之島公園。

明治28年、第4回内国勧業博覧会が京都で開催されたときに、大阪麦酒会社(今のアサヒビールですな)がビール会なるものを主催し、これが大阪でのビアホールの発端となって、以後、大阪にビアホール文化が定着した、なんて話もあります。

その後、中之島公園は、民間施設はできるだけ抑えて、公会堂や図書館を誘致し、市民の憩いの場に相応しい公園づくりの構想が、着々と、実現していきました。

中之島公園というところは、どこか、人を引きつけるなにかがあるようで、たとえば日清戦争の戦勝祝賀会で沸き立ったり、日露戦争での講和条件のヒドさに抗議する集会が開かれたり(東京の日比谷では、こんときに市民による焼き討ちが起こったんですな)、大正10年には大阪で初めてメーデーが開かれたり、昭和12年の日中戦争での南京陥落の祝賀のときは提灯行列が出たとか…、いろいろと、イベントの舞台になってます。

戦時中は、在郷軍人やら青年学校やらの訓練の場にもなったみたいです。

でも、戦後、昭和39年になって、大阪は緑化宣言を行ない、大阪を潤いのある健康な町にするための強力な緑化運動を、今後100年間は継続する!と、高らかに謳い上げてます。

レイチェル・カーソンの『沈黙の春』がアメリカで出版されて間もないころ、日本は高度経済成長に向けてイケイケドンドンの時代ですから、そのときに、こうした緑化宣言を出したことは、なかなかの先見の明だと思います。


バラ園の開園は、昭和55年。当初は70品種900株でスタートしたバラ園も、約90品種4000株にまでなりました。



以下、バラ園のバラを一挙公開。
目の保養にどうぞ☆


アクロポリス・ロマンティカ(フランス/メイアン)
アクロポリス ロマンティカ

アストリッド・スぺース・ストライプド(ドイツ/スペース)
アストリッド スペース ストライプド

アスピリン・ローズ(ドイツ/タンタウ)
アスピリン ローズ

アパッチ・ティアーズ(アメリカ/ピキーウィック)
アパッチ ティアーズ

アプリコット・ネクター(アメリカ・ポーナー)
アプリコット ネクター

アレトゥーサ(イギリス/ポール)
アレトゥーサ

アンジェラ(ドイツ/コルテス)
アンジェラ

イボンヌ・ラヴィエ(フランス/トラバー)
イボンヌ ラヴィエ

イングリッド・バーグマン(デンマーク/オルセン)
イングリッド バーグマン

エディトール・マクファーラン(フランス/マルラン)
エディトール マクファーラン

オーナー・ドゥ・バルザック(フランス/メイアン)
オーナー ドゥ バルザック

オフェリア(イギリス/ポール)
オフェリア

オルレアン・ローズ(フランス/ルヴァヴァスール)
オルレアン・ローズ(フランス/ルヴァヴァスール)

オレンジ・シルク(北アイルランド/マグレディ)
オレンジ・シルク(北アイルランド/マグレディ)

クライスラー・インペリアル(アメリカ/ラマーツ)
クライスラー・インペリアル(アメリカ/ラマーツ)

クリムソン・グローリィ(ドイツ/コルデス)
クリムソン・グローリィ(ドイツ/コルデス)

グレイ・パール(北アイルランド/マグレディ)
グレイ・パール(北アイルランド/マグレディ)

クロチルド・スペールト(ルクセンブルグ/スペールト&ノッタン)
クロチルド・スペールト(ルクセンブルグ/スペールト&ノッタン)

コンフィダンス(フランス/メイアン)
コンフィダンス(フランス/メイアン)

ザ・フェアリー(イギリス/ベンタル)
ザ・フェアリー(イギリス/ベンタル)

サマー・モルゲン(ドイツ/コルデス)
サマー・モルゲン(ドイツ/コルデス)

サラバンド(フランス/メイアン)
サラバンド(フランス/メイアン)

サン・フレアー(アメリカ/ウォリナー)
サン・フレアー(アメリカ/ウォリナー)

サンテグジュペリ(フランス/デルバール)
サンテグジュペリ(フランス/デルバール)

ジーナ・ロロブリジーダ(フランス/メイアン)
ジーナ・ロロブリジーダ(フランス/メイアン)

しのぶれど(日本/京成バラ園芸)
しのぶれど(日本/京成バラ園芸)

シュネー・ヴィッチェン(ドイツ/コルデス)
シュネー・ヴィッチェン(ドイツ/コルデス)

シュネー・プリンセス(オランダ/グローテンドルスト)
シュネー・プリンセス(オランダ/グローテンドルスト)

シンシア・ブローク(北アイルランド/マグレディ)
シンシア・ブローク(北アイルランド/マグレディ)

スヴニール・ドゥ・アンネフランク(ベルギー/デフォルグ)
スヴニール・ドゥ・アンネフランク(ベルギー/デフォルグ)

スヴニール・ドゥ・ルイアマード(フランス/デルバール)
スヴニール・ドゥ・ルイアマード(フランス/デルバール)

スターリング・シルバー(アメリカ/フィッシャー)
スターリング・シルバー(アメリカ/フィッシャー)

セシル・ブルンナー(フランス/ペルネーデュシェ)
セシル・ブルンナー(フランス/ペルネーデュシェ)

そどおり姫(日本/小野寺)
そどおり姫(日本/小野寺)

ダグマー・シュペート(ドイツ/ヴィルツ&アイケ)
ダグマー・シュペート(ドイツ/ヴィルツ&アイケ)

ダスキー・メイデン(イギリス/レグリス)
ダスキー・メイデン(イギリス/レグリス)

だんじり囃'02(日本/京阪園芸)
だんじり囃02(日本/京阪園芸)

チャールストン(フランス/メイアン)
チャールストン(フランス/メイアン)

デスティニー(フランス/メイアン)
デスティニー(フランス/メイアン)

デンティ・ベス(イギリス/アーシャー)
デンティ・ベス(イギリス/アーシャー)

ドレスデン(フランス/ロブション)
ドレスデン(フランス/ロブション)

ナタリー・ニベルス(オランダ/リーンダース)
ナタリー・ニベルス(オランダ/リーンダース)

ニコール(ドイツ/コルデス)
ニコール(ドイツ/コルデス)

ニコロ・バガニーニ(フランス/メイアン)
ニコロ・バガニーニ(フランス/メイアン)

ニュース(イギリス/トグリス)
ニュース(イギリス/トグリス)

ババ・メイアン(フランス/メイアン)
ババ・メイアン(フランス/メイアン)

ピース(フランス/メイアン)
ピース(フランス/メイアン)

ファブリット(ベルギー/レンズ)
ファブリット(ベルギー/レンズ)

フー・ペネルデュッシュ(フランス/マルラン)
フー・ペネルデュッシュ(フランス/マルラン)

ブライダル・ピンク(アメリカ/ボーナー)
ブライダル・ピンク(アメリカ/ボーナー)

ブルー・バユー(ドイツ/コルデス)
ブルー・バユー(ドイツ/コルデス)

ブルームーン(ドイツ/タンタウ)
ブルームーン(ドイツ/タンタウ)

フレンシャム(イギリス/ノーマン)
フレンシャム(イギリス/ノーマン)

プロミネント(ドイツ/コルデス)
プロミネント(ドイツ/コルデス)

ベビー・ベッティ(イギリス/ギアリー)
ベビー・ベッティ(イギリス/ギアリー)

ベルル・ドール(フランス/ランビュー)
ベルル・ドール(フランス/ランビュー)

ホワイト・クリスマス(アメリカ/ハワード&スミス)
ホワイト・クリスマス(アメリカ/ハワード&スミス)

ホワイト・セシル・ブルンナー(フランス/フォーク)
ホワイト・セシル・ブルンナー(フランス/フォーク)

マ・バーキンス(アメリカ/ボーナー)
マ・バーキンス(アメリカ/ボーナー)

マグレディス・イエロー(北アイルランド/マグレディ)
マグレディス・イエロー(北アイルランド/マグレディ)

マダム・アルバート・バルビエ(フランス/バルビエ)
マダム・アルバート・バルビエ(フランス/バルビエ)

マダム・エドワード・エリオ(フランス/ペルネーデュシェ)
マダム・エドワード・エリオ(フランス/ペルネーデュシェ)

マダム・カロリン・テストウ(フランス/ペルネーデュシェ)
マダム・カロリン・テストウ(フランス/ペルネーデュシェ)

マダム・シャルル・ソバージュ(フランス/マルラン)
マダム・シャルル・ソバージュ(フランス/マルラン)

マダム・ジュール・ブーシュ(フランス/クロイビエ)
マダム・ジュール・ブーシュ(フランス/クロイビエ)

マダム・バタフライ(アメリカ/E.G.ヒル)
マダム・バタフライ(アメリカ/E.G.ヒル)

マダム・ピエール・ユーレ(フランス/ギヨー)
マダム・ピエール・ユーレ(フランス/ギヨー)

マダム・メラニー・スペールト(フランス/ペルネーデュシュ)
マダム・メラニー・スペールト(フランス/ペルネーデュシュ)

マダム・フィガロ(フランス/デルバール)
マダム・フィガロ(フランス/デルバール)

マリリン・モンロー(アメリカ/カルース)
マリリン・モンロー(アメリカ/カルース)

マルゴ・コスター(オランダ/コスター)
マルゴ・コスター(オランダ/コスター)

ミスター・リンカーン(アメリカ/スイム&ウィークス)
ミスター・リンカーン(アメリカ/スイム&ウィークス)

ミセス・チャールズ・ランブロウ(北アイルランド/マグレディ)
ミセス・チャールズ・ランブロウ(北アイルランド/マグレディ)

ユァインネルン・アン・シュロス・シャールフェンステン(ハンガリー/ゲシュヴィント)
ユァインネルン・アン・シュロス・シャールフェンステン(ハンガリー/ゲシュヴィント)

ユーロピアーナ(オランダ/デルイター)
ユーロピアーナ(オランダ/デルイター)

ラ・フランス(フランス/ギヨー)
ラ・フランス(フランス/ギヨー)

ラファイエ(フランス/ノニン)
ラファイエ(フランス/ノニン)

リリー・マーレン(ドイツ/コルデス)
リリー・マーレン(ドイツ/コルデス)

レディ・マリー・フィッツウイリアム(イギリス/ベネット)
レディ・マリー・フィッツウイリアム(イギリス/ベネット)

ローズ・オオサカ(日本)
ローズ・オオサカ(日本)

花霞(日本/京成バラ園芸)
花霞(日本/京成バラ園芸)

花房(日本/京成バラ園芸)
花房(日本/京成バラ園芸)

金蓮歩(日本/京成バラ園芸)
金蓮歩(日本/京成バラ園芸)

高雄(日本/京阪園芸)
高雄(日本/京阪園芸)

桜貝(日本/京成バラ園芸)
桜貝(日本/京成バラ園芸)

早春(日本/京成バラ園芸)
早春(日本/京成バラ園芸)

都大路(日本/京阪園芸)
都大路(日本/京阪園芸)

藤娘(日本/京阪園芸)
藤娘(日本/京阪園芸)

熱情(日本/京成バラ園芸)
熱情(日本/京成バラ園芸)

芳純(日本/京成バラ園芸)

芳純(日本/京成バラ園芸)




ふう。咲いてるバラ、勢揃いさせました☆
全90種!

女優さんの名前や、交配した人の名前がそのまま品種名になっているものもありますな。日本でつくられたものは、桜につけられている名前と共通しているものが多いのは、気のせい?



中之島公園 バラ園
北区中之島

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap



■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/36
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.