大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 梅田で30ヶ所、合計1,000台分の駐輪場がオープン!地元のオジィやオバァたちの活動が陽の目を見て本当によかったと思う件 | main | 酒乱が治ると評判のお寺さん、かしくの寺(法清寺)に、酒乱じゃないけど行ってみた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


菅原町の土蔵
江戸時代の大坂には堂島米市場、雑喉場魚市場、天満青物市場の三大市場があり、そのうちの天満青物市場は、今、大川沿いの南天満公園になってます。南天満公園は、天神橋の東側に大川に沿ってひろがる公園ね。

そのことを紹介したエントリーは、こちら。

「天満青物市場跡にある天満の子守唄 碑」


で、天神橋を挟んで、西側の大川沿いは、菅原町です。
ちっこい町ですが、名前の通り、菅原道真に由来する町名ですな。大阪天満宮が北東すぐのところにあるし、そのせいで菅原道真の名を戴いたんやと思うんですが、詳細は、なんぼ調べてもわかりませんでした。18世紀頃にできた町名で、江戸時代初期には天満10丁目と呼ばれていたらしいですけどね。

このあたり、天満青物市場に近いこともあって、乾物屋さん、乾物問屋さんが軒を連ねていたそうです。海苔屋さんとか椎茸屋さんとか。ゴマ屋さんは、今でもありますな。

空襲を免れた地区でもあるから、今でもむかしの建物がチラホラと残っていて、本瓦葺の豪快な土蔵もあります。なんか、蔵屋敷並みの風格がありますな。
すぐ近くに北村商店という乾物問屋さんがあって、そこの持ちもんやそうです。むかしは、こっちで営業されてたんでしょうね。

菅原町の土蔵


かつては堂島川から水が引かれていて堀川があったから、そこに直接面していて、船が直接横付けして、荷を積んだり降ろしたりしてたそうです。搬入口があって、川に降りられるように階段もあります。こういう造りの蔵を、浜納屋と呼ぶらしいです。

菅原町の土蔵





すぐ北のブロックには、後藤商店と書かれた蔵も。
朽ち果て具合がすごすぎて言葉も出んけど、これ、現役みたいでっせ☆

菅原町の土蔵

菅原町の土蔵





北村商店と後藤商店の土蔵
大阪市北区菅原町6

mapを見る




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/353
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.