大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 阪急梅田駅のガード下の落書き消しをやってくれてはる人たちがいるのです | main | 桜の植樹3000本達成記念イベント「平成の通り抜けを歩こう」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


今回もやっぱり大人が夢中になった、こども面白サイエンスカフェ☆
北天満サイエンスカフェ


またまたまた北天満サイエンスカフェ。怒濤の3週連続ですが、なんとかかんとか最終週まで辿り着きました(笑)
商店街が助成金をもらってまちおこしの一環で行っている事業なので、年度末までに一定の回数をこなさないとダメらしく、怒濤のペースになってるんですが、来年度、つまり4月からは月イチのペースになるそうです。マジ、月イチ程度にしてもらわんと、時間のやりくりが大変です(笑)

さて、これまでのサイエンスカフェのエントリーは、こちら。
我ながら、よくフォローしたな、と(笑)

「天五中崎通り商店街で北天満サイエンスカフェ開催☆ 路上の紙芝居風講義がおもろすぎます!」

「寺子屋風にサイエンスを学ぶ『北天満サイエンスカフェ』。天五中崎通り商店街で新型インフルエンザについて学んだのでした。」

「第4回北天満サイエンスカフェは、『遺伝子組み換え作物は安全か?』で、またまた生活に密着したサイエンスでした。」

「第5回北天満サイエンスカフェは、子供向けだけど子供騙しじゃなかった『こども面白サイエンスカフェ』☆」

「今年一発目の北天満サイエンスカフェは『地球の未来を考えよう! 〜気候変動と私たちのくらし〜』です☆」

「第7回北天満サイエンスカフェは『まちづくり』について語り合ったのでした」

「第8回北天満サイエンスカフェは、初の遠征!適塾を見学してきました☆」

「今回の北天満サイエンスカフェは、食の大切さについて。不健康生活を肯定するルイスがグチりまくるブログの巻(笑)」

「サルは自己犠牲を伴う行動をとる! 第10回北天満サイエンスカフェは、ヒトの仲間であるサルの生態を見る☆」

「今回のサイエンスカフェは『睡眠について考える』。考えても、生活習慣を変えんかぎりはどうにもならんけど…(笑)」



さて今回は、春休みにふさわしく、こども面白サイエンスカフェ☆昨年12月に続いて、2回目です。
雑誌の「科学と学習」がなくなって「大人の科学」が売れてる時代だけれども、前回のを見たとき、やっぱおもしろい実験は子ども心を引きつけるよな〜、ってことでした。
で、この、おもしろい実験というのがクセモノで、子ども相手だからって、子ども騙しのものをやると、しらけちゃうんですよね。
子どもっちゅーのは、素直にシビアですからね。大人の事情なんて通用しないから、子ども騙しじゃなくて、全力で子どもを楽しませるものを考えないと、すぐに横を向いちゃいますね。
最低限、大人を楽しませられるものでなくてはならないと思います。このラインが、クリアしなければならない最低限のラインだ、くらいの感覚でないと、しんどい。

その観点からすると、ここでお子ら相手に繰り広げられる科学実験というのは、かーなりおもろいです。これはもう、前回で実証済み☆

お子らにいろいろと実験をさせてくれるのは、現役の理科の先生方。全国行脚でこういうことをされていて、人気が高い先生方とのことです。

さて今回は、どんな実験が登場したのか。



これは、のっけから衝撃的な実験。
手前のペットボトルに入っているのは、アルギン酸ナトリウム。ワカメや昆布のネバネバ成分だそうです。アルギン酸ナトリウムを1%に希釈して、天然色素で色をつけたものが、このペットボトルの中身。
コップに入れた塩化カルシウムや乳酸ナトリウムの灯名の液体に、色付けし希釈したアルギン酸ナトリウムを注射器に入れて投入します。
すると…、イクラのような粒ができます! カルシウムにアルギン酸ナトリウムが反応して皮膜ができ、このような球体ができる、と。
これ、食べても無害らしいので、食べてみたら、無味無臭。でも食感がね、イクラに似てるんですよ。
なので、オレンジに着色したアルギン酸ナトリウムを注射器からここに投入すると、イクラそっくりの粒ができます。口に入れると少しとろっとしてるんで、マジでイクラそっくり。
これにね、イクラのエキスかなにかをまぜると、絶対に気がつきません。で、実際の食材に、そうしてつくられたものがイクラとして使われているそうです。

北天満サイエンスカフェ


これは、プリズムの原理を応用した偏光レンズ。ひとむかしまえ、このフィルムを使ったメガネが流行しましたな。夜景とか見ると、なかなかキレイです。カメラに貼り付けて写真を撮ってみたら、こんなふうになりました。

北天満サイエンスカフェ


これは、おなじみブーメラン。中心から外に向けて少し反らせると、ちゃんと戻ってきます☆むかし、これでよく遊んだわ〜。ちゃんと手元に戻ってくるようにするのが難しいんですよね。

北天満サイエンスカフェ


このペットボトル、写真だとわかりにくいけれども、底に小さな穴があいてます。でも、ペットボトルのキャップを締めてると、中の水は漏れません。キャップを開けると、たちまちのうちに底の穴から、水が漏れます。
なんでかというと、水の上にあるペットボトルのなかの空気、水の下にあるペットボトルの底に開けた穴を通して外の空気、この、水の上下の空気が、それぞれで水に圧力をかけているので、水は穴から漏れていかないんですね。
でも、あたりまえだけれども、ペットボトルの底に開けた穴がデカければ、圧力バランスが崩れて、水は穴から漏れていきます。
おもしろいのは、このとき、ペットボトルのキャップを締めた状態だと、水は漏れるけれども、上下からの空気の圧力がかかっているので、漏れるときに、穴から気泡が入ってきて、水は気泡を発生させながら漏れていきます。
でも、ペットボトルのキャップを開けると、上の空気は解放されるので、上の空気が水に対してかける圧力が減り、気泡は発生せず、ただ水は底の穴から漏れていくだけ。
この実験で、空気が水に対して圧力をかけていたりかけていなかったりすることが、目に見えてわかるわけです。
単純だけれども、なかなか興味深い実験でしたな。

北天満サイエンスカフェ


これも衝撃的な実験☆
鳥がペットボトルのキャップにくちばしだけで乗せて、とまってます。でもこれ、糊でひっつけたりしているわけではなくて、ただただ置いてるだけ…。
答えは、ペットボトルの横に見える、鳥を引っくり返した状態のものにあります。両方の羽の裏側にオモリがついてます。これがあることで、鳥のくちばしを支点としたヤジロベエになります。おかげで、鳥は、くちばしを乗せるだけで、どこでもとまれてしまうという、すぐれものになってるわけです。もうね、手品見てるみたいでしたよ☆

北天満サイエンスカフェ


これは、モルちゃんのトリプルアクセル☆
コップを口につけて、わ〜!って声を出すと、爪楊枝の先に引っかけたモールが、回転しだします☆声の音波が振動となって、モールを回転させるんですな!
音波の長さによって上手くできたりできなかったりなので、声質をいろいろ変えてみると、上手くいくみたい。
挑戦しているのは、サイエンスカフェのスタッフとして運営にかかわっている阪大の学生さんです。そう、大人でもじゅーぶん楽しめるのです☆

北天満サイエンスカフェ


というわけで、大人向けのコーナーも、今回はちゃんと用意されてました(笑)

北天満サイエンスカフェ


これ、立体パズルだけど、まー、難しいです。
僕も挑戦してみたけど、どんだけ時間がかかったことか!(笑)

北天満サイエンスカフェ


答え。できてみるとカンタンだけど、この組み合わせを発見するのには、発想の転換が必要なのですよ〜。

北天満サイエンスカフェ


糸電話ならぬ、バネ電話。
糸のあいだに、スプリングを接続してます。これのほうが、振動がより大きくなって、糸電話よりも鮮明に聞こえます。トンネルで話してるようなかんじで、声の反響がでっかくなるんですね。

北天満サイエンスカフェ


今回は、同時進行で、紙芝居もありました。
漫画家学会(←学会じゃなくて、会社名です☆)に所属する紙芝居師の、くぼてんきさんの紙芝居。超人気で、全国で引っ張りだこの紙芝居師さんですね。
べつのイベントでもお見かけしたことあるし、お話をうかがいたかったんだけれども、子どもたちが放してくれなくて、付け入るスキなしでした(笑)
このあと、東京で3ヶ月、常設の紙芝居小屋で活動されるそうです。そのあとはまたどこか。旅芸人ですね。

北天満サイエンスカフェ


というわけで、個人的には毎回でもいいくらいおもしろい、こども面白サイエンスカフェでした。ご覧の通り、大盛況☆

北天満サイエンスカフェ 

北天満サイエンスカフェ           





次回は、第13回北天満サイエンスカフェは、4月17日(土)14:00〜16:00。
「ニュートンも没頭した錬金術」です。
錬金術、ぜひ、マスターして、大金持ちになりたいです(笑)



北天満サイエンスカフェ
天五中崎通り商店街
大阪市北区黒崎町
HP http://kitatenma-cafe.com

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/336
トラックバック
シルシルミシル カメラ 6月2日
ご当地キャラのはなし :: 青森漫才あどばるーん小野ますのぶ公式ブログ ... シルシルミシル見ました!!面白かったです^^☆ あどばるーんさんが大好きなのですごく嬉しかったです(^o^)☆ 私も青森県出身なのでもっともっと嬉しいです! オンエアバトルを見て、青森県

| シルシルミシル 最新情報 | 2010/06/18 7:30 AM |
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.