大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 富島神社のご神木の木陰で昼寝して、喉が渇いたら隣のカンテ・グランデに逃げ込むといいと思う | main | 造幣局の桜の通り抜けの歴史を振り返る >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ルイス流あんまり嬉しくない「花マル印」のお店だけど、絶品のオムライスです!
どんな街にも、1軒、自家製の美味しいパン屋さんがあるように、花マル印の美味しいお店って、なにかしらあります。

上手いこといえないけれども、なんとなく、花マルをあげたくなるようなかんじ。 …よけい、わからんですな(笑)

その手のお店は、内装からなにから過剰な手づくり感が漂っていて、いまどきのオシャレカフェとはまた違ったベクトルを向いていて、なんとなーくゴチャゴチャしていて、軽く押しつけがましさもあったりして、あんまり好きではないのだけれども、それでも、美味ければ、行きます。

小腹が空いていているとき、お茶でもいいんだけれどもなんか軽く食べたいなあ、でもガッツリ食べるほどでもないなあってときに天神橋筋の商店街を歩いていて、とある店を見つけたのでした。

というか、普段からこのお店の前はしょっちゅう通っていて、もちろん存在も知っていたんだけれども、でも、なんやゴチャゴチャしてる喫茶店やなあ、くらいのかんじで、なんの気にも留めることなく、スルーしていたのでした。要するに、自分のアンテナにはまったく引っ掛かってこなかった、ということです。

でもそのときは、近くにカフェもなにも思いつく店がなく、そーいえば、いつもスルーしてる店があったな、あそこはなにか食べられそうだったな、くらいのノリで、その店の前に行ったのでした。

天神橋筋の商店街の3丁目、南森町の交差点から少し北にいったところにある、「cafe Tines」(カフェ・ティアン)って店。

Cafe Tines(カフェ・ティアン)

お店の外観はこんなかんじで、なんか手づくり感満載で頑張ってるのはわかるし、美味そうな匂いも放っているんだけれども、軽い押しつけ感も同時に漂っていて、全部ひっくるめてちょっとした微笑ましさがあって、どんな街にも1軒や2軒はある、思わず花マルをあげたくなるようなお店。
僕がそう読んでいるさまは、まさに、この外観が物語ってます。この感覚、わかりますかね?(笑)

そんなだったので、軽い期待と軽い諦めがないまぜになった心持ちで、店のドアを押したのでした。
そしたら、オムライスの専門店。そーいえば、パン屋さんと並んで、花マル印のお店って、オムライス屋さんにも多いような気がします(笑)

思わず禁煙の店か?と思ったのだけれども、聞いたら、ちゃんと灰皿を出してくれました。でも、できれば吸ってほしくない!オーラが出ていて、ほとんど嫌がらせのような灰皿が…。だって、500円玉が1枚やっと入る程度のサイズの灰皿で(笑)

まあ、でも、吸わせてくれるのでそこはよしとして、メニューを見ると、もう、手づくり感満載で!(笑)これでもかと情報が書かれていて、でも、いわゆるオシャレカフェ系のオシャレなメニューとはまた違った趣なのですよ〜。

Cafe Tines(カフェ・ティアン)

こんなのが何枚も何枚も。


でも、どれも美味そうなのですよ(笑)
ほいで、おすすめだという、特製デミグラスソースのサイコロステーキオムライス中身はターメリックライス、というやつを。サイズが3通りあって、これは婦女子さんにはいいかもですな。

こんなのです。湯気、出まくってます☆

Cafe Tines(カフェ・ティアン)


そしてひとくち。美味〜い☆
や、マジで美味いです。ケチャップライスじゃなくてターメリックライスなので、デミソースにめちゃくちゃ合います。
家では絶対にできない内側がトロトロになった卵はいうまでもなく、サイコロステーキがこれまた絶品です! これは、いい肉使ってますわ〜。
味が濃いけど、オムライスと一緒に食べるんで、ちょうどいいかんじ。
最大サイズを頼んだので(←小腹が空いていただけなのに、思わず。笑)、ボリューム的にも満足☆

やっぱ、花マルでした(笑)

味は絶品、でもそれ以外はいろいろと過剰で、軽く押しつけがましさもある…。
いろいろあるけれども、抗えずに、ときどき行きそうです(笑)





Cafe Tines(カフェ・ティアン)
大阪市北区天神橋3丁目1-15
tel. 06-6353-8900
11:00-21:30
ランチは平日のみ 11:00-14:30
第2・4日休み

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap






■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/321
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.