大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 西天満でランチを! - まとめ | main | 阪急うめだ本店の北海道物産大会は、5/2〜5/12まで >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ブログを開設した日にキヨシローの訃報が飛び込んでくるとは…
忌野清志郎


いや、ブログを開設しようかという日に、まさか、キヨシローが亡くなるとは。。

 -----------------------------------------------------------------------


<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け

5月2日22時54分配信 毎日新聞
<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け


  「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志 =くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。葬儀は9日午後1時、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は妻の栗原景 子(くりはら・けいこ)さん。

 東京生まれ。68年に中学校の同級生らと、忌野さんをリーダーとするバンド「RCサクセション」を結成、 70年に「宝くじは買わない」でデビューした。72年には「ぼくの好きな先生」が、80年には「雨あがりの夜空に」が大ヒット。82年には坂本龍一さんと 組んでリリースしたシングル「い・け・な・いルージュマジック」が社会現象を巻き起こし、日本の「ロックの神様」としてコンサートのほか、CMや映画など で活躍した。

 一方、「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」との信念を持ち、政治的なメッセージを込めた歌も歌った。そのため、反原発を 扱ったアルバム「COVERS」やパンクロック風にアレンジした「君が代」が入ったアルバム「冬の十字架」が一時、発売中止になったり、コンサートで突然 「あこがれの北朝鮮」「君が代」を歌って、FM中継が中断したこともあった。

 06年7月に喉頭(こうとう)がんと診断され入院。治療を続けた後、08年2月に日本武道館で本格復帰した。しかし、同7月、左腸骨にがんが転移していたことが判明、再び活動を中止し放射線治療などを続けていた。

 ◇自分の道を貫いた

 ▽ 音楽評論家、田家秀樹さんの話 日本のロックバンドと日本語のロックの原形をつくった人だった。忌野さんがリーダーだったRCサクセションは、黒人音楽と 日本語を初めて結びつけ、またビジュアル系の元祖でもあった。反原発の曲をつくるなど、ロックが反骨であると証明し続けた。妥協もこびることもなく、音楽 一筋を貫き通したと言える。死は早すぎた。

 ◇聞く者に力与えた

 ▽音楽評論家、天辰保文さんの話 清志郎さんの根底に は黒人音楽への敬意があり、それをエンターテインメントの形で日本に定着させた功績は大きい。権威への反逆も一貫していたが、それをユーモアにくるみ、さ りげなく表現していた。実はシャイな人だったと思う。彼の音楽には「彼は常に信頼できる人であり、自分もしっかりしなければ」と、聞く者に思わせる力が あった。


-----------------------------------------------------------------------



ブログを開設しようかという今日、キヨシローの訃報を耳にしました。

このブログは、大阪市北区について、見たもの聞いたもの感じたものをつらつらと書いていくブログなのだけれども、キヨシローの訃報に接して、そのことを書かないわけにはいきません。

といって、今、キヨシローについてなにかを書ける状態ではなく、でも、なにかを書いていないと心が落ち着かない気もして、すごく混乱しています。

この世から、キヨシローがいなくなったという事実、その喪失感は、僕にははかりしれません。

今、43歳のこの僕が、ここに辿り着くまでに、いろいろとあって、もちろん今もいろいろあるのだけれども、でも、今ここにいるこの僕の、多くの部分が、キヨシローと出会ったことでできている、と、今でも思っています。
中学3年生のころ、キヨシローと出会って、なにかを受け取って、その受け取ったなにかを胸に抱えて、その成れの果てが、今の僕です。

むかしばなしを書く気には、今はなりません。

なにを書くのが相応しいのかも、今はわかりません。

わからないながら、今、ふと思い出すのは、キヨシローにまつわる最新の記憶である、一昨年の夏のことです。

たしか、なにげにNHKを見ていたら、キヨシローのドキュメンタリーをやっていました。キヨシローを見たり聴いたりするのは、そのとき、とても久しぶりだったのでした。

それは、キヨシローが、彼のルーツでもあるアメリカはメンフィスに飛んで、ブッカー・Tやスティーブ・クロッパーらとつるんでアルバムをつくる過程を追ったドキュメンタリーでした。

その番組を見ていて、ナイフを、ズブズブと突き刺されたのでした。

番組そのものは、メンフィス・サウンドとキヨシローの相思相愛の関係にフォーカスをあてたものだったのだけれども、僕の心に突き刺さってきたのは、そこではなくて、そこで披露された、ある新曲。

それは、『激しい雨』というタイトルで、こんな曲です。

季節外れの、激しい雨が降ってる、

というフレーズではじまるこの曲は、
クロッパーらしいタイトなリズムを刻みながら、

あちこちで起こっている厄災や悲惨な出来事を嘆いたり悲しんだり怒ったりします。

そして、最後、やはり彼の詩の世界は個人的な出来事に帰結していきます。

お前を忘れられず、世界はこの有様、


そしてそして、
必殺のフレーズが、出てくるんですよ。

oh 何度でも夢を見せてやる
oh この世界が平和だったころの夢を
RCサクセションが聞こえる
RCサクセションが流れてる


という歌。
なんとそこでは、キヨシロー自身が、自身の歌のなかに、RCサクセションを登場させているのです。それも、必殺の切り札として、必殺のフレーズとして。

あ の時代、なにも20年まえのことを言ってるんじゃない。時代のことなんかじゃないですね。あの年齢のころ、若かったころ、ジタバタしてたし息苦しかった し、上手くいかないことのほうが多かったし、なんにもいいことなんてなかったけれども、それでも、今、いろんなことを諦めたり妥協してきたりして辿り着い た今に比べたら、なんぼかマシだ! それに、あんときは、RC があったじゃないか!

そういう曲です。

平和だったころのこの世界というのは、いうまでもなく、キヨシローが見ていた世界のことです。キヨシローが見せて、僕が見ていた世界のことです。

同時に、これは、時代に抗う歌でもあります。

平和というのは、政治的な定義を持ち出すと、「戦争が行なわれていない状態」でしかありません。飢餓が起ころうが大地震が来ようが、戦争が行なわれていない状態なら、それは、政治的な、「平和」と呼ぶ範疇に入る状態です。

歌が、ロックが、それに対抗するには、キヨシローのように歌うしかないんですね。
「夢を見せてやる」と。
それは、キヨシローが、あの声でもって、「RCサクセション!」と叫ぶことで現出する夢です。その夢を見る。それが、政治に対する、音楽の、歌の、ロックの、対抗手段です。

メッセージを言葉に乗せて歌う音楽ほどくだらなくてヤボなものはないけれども、キヨシローは、そんなことしません。
音楽を奏でることそのものがメッセージであるような、そういう音楽です。

だからこそ、夢を見せてくれるのが、アメリカでも日本でも自民党でも民主党でもなくて、「RCサクセション!」という、必殺のフレーズが、そこで叫ばれます。その叫びのなかに、キヨシローでしかありえないマジックが、生まれます。

キヨシローが、あの声で、「RCサクセション!」と叫ぶだけで、マジックが起こります。

そ こで叫ばれる「RCサクセション!」は、けっして懐メロなんかじゃなくて、今もって色褪せていない、というよりも、キヨシローが抗い続けることで、不断の 意思を持ち続けることで、今もまだキラキラと輝いている、僕や僕たちの夢です。毎日毎日更新されて、永遠にまっさらの状態でピカピカに輝いている、朝陽の ようです。

10代のころに持った初期衝動を、持ち続けること。

そのことを、テレビを見ていて、持ち続けているか?と、匕首を突きつけられたような気分になったのでした。


キヨシロー、僕はまだ、持っているつもりです。その気分で、今も生きてます。



今、キヨシローの訃報に接して、かつがつ書けることは、そんなことです。


今日は、キヨシローがうんと若かったころの、『スローバラード』を聴いています。



合掌。
ボスのご冥福をお祈りします。

 -----------------------------------------------------------------------


<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け

5月2日22時54分配信 毎日新聞
<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け


  「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志 =くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。葬儀は9日午後1時、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は妻の栗原景 子(くりはら・けいこ)さん。

 東京生まれ。68年に中学校の同級生らと、忌野さんをリーダーとするバンド「RCサクセション」を結成、 70年に「宝くじは買わない」でデビューした。72年には「ぼくの好きな先生」が、80年には「雨あがりの夜空に」が大ヒット。82年には坂本龍一さんと 組んでリリースしたシングル「い・け・な・いルージュマジック」が社会現象を巻き起こし、日本の「ロックの神様」としてコンサートのほか、CMや映画など で活躍した。

 一方、「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」との信念を持ち、政治的なメッセージを込めた歌も歌った。そのため、反原発を 扱ったアルバム「COVERS」やパンクロック風にアレンジした「君が代」が入ったアルバム「冬の十字架」が一時、発売中止になったり、コンサートで突然 「あこがれの北朝鮮」「君が代」を歌って、FM中継が中断したこともあった。

 06年7月に喉頭(こうとう)がんと診断され入院。治療を続けた後、08年2月に日本武道館で本格復帰した。しかし、同7月、左腸骨にがんが転移していたことが判明、再び活動を中止し放射線治療などを続けていた。

 ◇自分の道を貫いた

 ▽ 音楽評論家、田家秀樹さんの話 日本のロックバンドと日本語のロックの原形をつくった人だった。忌野さんがリーダーだったRCサクセションは、黒人音楽と 日本語を初めて結びつけ、またビジュアル系の元祖でもあった。反原発の曲をつくるなど、ロックが反骨であると証明し続けた。妥協もこびることもなく、音楽 一筋を貫き通したと言える。死は早すぎた。

 ◇聞く者に力与えた

 ▽音楽評論家、天辰保文さんの話 清志郎さんの根底に は黒人音楽への敬意があり、それをエンターテインメントの形で日本に定着させた功績は大きい。権威への反逆も一貫していたが、それをユーモアにくるみ、さ りげなく表現していた。実はシャイな人だったと思う。彼の音楽には「彼は常に信頼できる人であり、自分もしっかりしなければ」と、聞く者に思わせる力が あった。


-----------------------------------------------------------------------



ブログを開設しようかという今日、キヨシローの訃報を耳にしました。

このブログは、大阪市北区について、見たもの聞いたもの感じたものをつらつらと書いていくブログなのだけれども、キヨシローの訃報に接して、そのことを書かないわけにはいきません。

といって、今、キヨシローについてなにかを書ける状態ではなく、でも、なにかを書いていないと心が落ち着かない気もして、すごく混乱しています。

この世から、キヨシローがいなくなったという事実、その喪失感は、僕には測り知れません。

今、43歳のこの僕が、ここに辿り着くまでに、いろいろとあって、もちろん今もいろいろあるのだけれども、でも、今ここにいるこの僕の、多くの部分が、キヨシローと出会ったことで出来ている、と、今でも思っています。
中学3年生のころ、キヨシローと出会って、なにかを受け取って、その受け取ったなにかを胸に抱えて、その成れの果てが、今の僕です。

むかしばなしを書く気には、今はなりません。

なにを書くのが相応しいのかも、今はわかりません。

わからないながら、今、ふと思い出すのは、キヨシローにまつわる最新の記憶である、一昨年の夏のことです。

たしか、なにげにNHKを見ていたら、キヨシローのドキュメンタリーをやっていました。キヨシローを見たり聴いたりするのは、そのとき、とても久しぶりだったのです。

それは、キヨシローが、彼のルーツでもあるアメリカはメンフィスに飛んで、ブッカー・Tやスティーブ・クロッパーらとつるんでアルバムをつくる過程を追ったドキュメンタリーでした。

その番組を見ていて、ナイフを、ズブズブと突き刺さされたんです。

番組そのものは、メンフィス・サウンドとキヨシローの相思相愛の関係にフォーカスをあてたものだったのだけれども、僕の心に突き刺さってきたのは、そこではなくて、そこで披露された、ある新曲なのでした。

それは、『激しい雨』というタイトルで、こんな曲です。

季節外れの、激しい雨が降ってる、

というフレーズではじまるこの曲は、
クロッパーらしいタイトなリズムを刻みながら、

あちこちで起こっている厄災や悲惨な出来事を嘆いたり悲しんだり怒ったりするんです。

そして、最後、やはり彼の詩の世界は個人的な出来事に帰結していきます。

お前を忘れられず、世界はこの有様、


そしてそして、
必殺のフレーズが、出てくるんですよ。

oh 何度でも夢を見せてやる
oh この世界が平和だったころの夢を
RCサクセションが聞こえる
RCサクセションが流れてる


という歌。
なんとそこでは、キヨシロー自身が、自身の歌のなかに、RCサクセションを登場させているのです。それも、必殺の切り札として、必殺のフレーズとして。

あ の時代、なにも20年まえのことを言ってるんじゃない。時代のことなんかじゃないですね。あの年齢のころ、若かったころ、ジタバタしてたし息苦しかった し、上手くいかないことのほうが多かったし、なんにもいいことなんてなかったけれども、それでも、今、いろんなことを諦めたり妥協してきたりして辿り着い た今に比べたら、なんぼかマシだ! それに、あんときは、RC があったじゃないか!

そういう曲です。

平和だったころのこの世界というのは、いうまでもなく、キヨシローが見ていた世界のことです。キヨシローが見せて、僕が見ていた世界のことです。

同時に、これは、時代に抗う歌でもあります。

平和というのは、政治的な定義を持ち出すと、「戦争が行なわれていない状態」でしかありません。飢餓が起ころうが大地震が来ようが、戦争が行なわれていない状態なら、それは、政治的な、「平和」と呼ぶ範疇に入る状態です。

歌が、ロックが、それに対抗するには、キヨシローのように歌うしかないんですね。
「夢を見せてやる」と。
それは、キヨシローが、あの声でもって、「RCサクセション!」と叫ぶことで現出する夢です。その夢を見る。それが、政治に対する、音楽の、歌の、ロックの、対抗手段です。

メッセージを言葉に乗せて歌う音楽ほどくだらなくてヤボなものはないけれども、キヨシローは、そんなことしません。
音楽を奏でることそのものがメッセージであるような、そういう音楽です。

だからこそ、夢を見せてくれるのが、アメリカでも日本でも自民党でも民主党でもなくて、「RCサクセション!」という、必殺のフレーズが、そこで叫ばれるんです。その叫びのなかに、キヨシローでしかありえないマジックが、生まれます。

キヨシローが、あの声で、「RCサクセション!」と叫ぶだけで、マジックが起こります。

そ こで叫ばれる「RCサクセション!」は、けっして懐メロなんかじゃなくて、今もって色褪せていない、というよりも、キヨシローが抗い続けることで、不断の 意思を持ち続けることで、今もまだキラキラと輝いている、僕や僕たちの夢です。毎日毎日更新されて、永遠にまっさらの状態でピカピカに輝いている、朝陽の ようです。

10代のころに持った初期衝動を、持ち続けること。

そのことを、テレビを見ていて、持ち続けているか?と、匕首を突きつけられたような気分になったのでした。


キヨシロー、僕はまだ、持っているつもりです。その気分で、今も生きてます。



今、キヨシローの訃報に接して、かつがつ書けることは、そんなことです。


今日は、キヨシローがうんと若かったころの、『スローバラード』を聴いています。



合掌。
ボスのご冥福をお祈りします。
■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/3
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.