大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 鐘をチン!と鳴らして太鼓をドン!と叩くから、チンドン | main | 歯神社の「歯」は「歯止め」の「歯」 >>
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

天神橋筋商店街の買い食い文化の代表、中村屋のコロッケ
天神橋筋をチャリで走ってる途中、小腹が空いたので、中村屋でコロッケを買い食い。商店街を、南森町の交差点から南に下ったすぐのところにあります。

珍しく、行列が途切れていたので、並ぶことなく購入できました。

中村屋



ここのコロッケは、ジャガイモの甘みがしっかりとあって、シンプルでとっても美味しいですな。むかしながらの気取りのないところが、好きですねん。
小判型で黄金色に輝くコロッケで、ひと口かじると、カリッとした衣と、なかのジャガイモのふんわりした噛み応えとともに、甘い味わいと香りが漂います。

普通、コロッケというと、肉屋さんの店頭で揚げてるのが不思議と美味かったりするのですが、中村屋さんは、肉屋さんじゃなくて、揚げもん専門店です。

なので、コロッケ以外にも、ビフカツやらミンチカツやらフランクフルトやらシューマイやらとメニューは豊富なのですが、僕は、コロッケ以外食べたことがありませんわ(笑)

お使いものに使うこともあるし、10個20個単位で買っていく人もガンガンいてはります。

去年の小麦粉値上がり騒動で1個70円になったけれども、それまでは1個60円でしたからね。どっちにしても、安いです。

中村屋



コロッケを揚げるラードは1日に1斗缶1本、15kg。コロッケは1日3,000個売ったはるそうです。揚げるまえの生のコロッケを買ってく人もいてますな。
70円のコロッケが3,000個なので、コロッケだけで日商21万円。それ以外にもメニューがあるから…、まあ、他人の財布の中身を勘定するのも下品なんで、これくらいにしときましょ(笑)

中村屋



社長の柚木三四郎さんは80歳の大台に乗ってはりますが、まだ現役で、今日も店頭に立ってコロッケを揚げてはります。
ジャガイモのほか、合挽、タマネギ。調味料の割合は極秘で教えてくれませんが(←あたりまえか。笑)、子供が美味いと言ってくれているうちは大丈夫や!と、お世辞や気遣いのない子供の舌を、おっちゃんは信用してはります。もう、半世紀以上、ここでコロッケを揚げてはります。


この界隈は、お好み焼きやらタコ焼きやら、買い食いできるところがぎょーさんあって、独特の匂いを放ってます。
それにしても、大阪は、キャベツ焼きやら一銭焼きやらタコ焼きやら、買い食い文化が発達してますな。

こんなふうに、1個だけ買って買い食いする人用に、ちゃんとそれ仕様の紙袋が用意されてます(笑)

中村屋




中村屋
9:00-18:30 日祝休。
北区天神橋2-3-1

大阪市の北区をグルグル巡るためのmap

■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/27
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.