大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 「マルシェジャポン」は既存のシステムと差別化できるか? | main | 茶屋町レコード大賞がおもしろくなかったので、今年のmyベスト3をつくってみた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


梅田東防犯の夜警に参加して感じた、ミーツ的まちづくり論とは対極の、もうひとつの「まちづくり」ネットワーク
年末夜警 茶屋町


むかし、小さなころ、年末のこの時期になると、「火の用心〜!」の夜まわりの声が外から聞こえてきたもんですが、いつの間にかそんな声を意識することもなく、すっかり忘れておりました。

でも最近、このブログをはじめるようになって、北区内のあちこちの町会の人たちとお付き合いするようになり、じつは、北区のような都心のど真ん中でも、今でも、年末の火の用心〜!が行なわれているのを知ったのでした。さらに、今回、参加するハメに(笑) や、僕はどこの町会にも属していないんですけどね。いろいろと、なりゆきで(笑)

僕が今回お邪魔したのは、曽根崎防犯協会の梅田東支部というところです。
茶屋町、鶴野町、芝田の3つの町にまたがって結成されている支部です。防犯協会といっても、特別な組織でもなんでもなくて、地元の商店の経営者だとか、たとえば自治会に属している人だとか、そんな人たちです。あと、その地区に根付いている企業参加らも、参加されてます。名前を出していいのかどうかわかんないのですが、新御堂筋沿いにある結婚式場だとか、黄色の袋で有名な雑貨屋さんとか、茶色の電車を走らせている百貨店だとか、そういうところも、参加されています。

もちろん、ボランティア。
この界隈は、住んでいる人が少ないので、どうしてもそこで働いている人が中心になるみたいなのですが、それでも、地域の防犯活動のために、なんやかんやと時間を割いて、汗を流されています。

交番と連絡をとりあって、最近はこんな犯罪が多いので気をつけてほしいという交番からの要望を地域におろしたり、逆に、あそこの道は暗くて夜は人通りが少ないから重点的にパトロールしてほしいといった地域からの要望を上げたり、そういう情報交換の場を設けて、コミュニケーションを密にしています。

僕の天敵でもある、放置自転車対策にも、取り組んではります(笑)

日常、ほとんど意識することはないですが、こういう人たちとお付き合いするようになり、梅田のような都心であっても、じつは目に見えないネットワークが網の目のように張り巡らされていて、まちづくりの一端を担っています。それがボランティアの手弁当だというところにね、ちょっと頭が下がります。

町会、振興町会、防犯協会、社会福祉協会、自治会、PTA、商店会、民生、講…、じつは地域にはネットワークがたくさんあるのですが、都心の場合、ほとんどの人は、そんなものには目をくれません。
それは、都心に住む人が、代々そこに住んでいるわけではなく、また代々そこで商売を営んでいるわけでもない人がほとんどなので、土地にたいする思いが薄いからなんだと、僕は思っています。
そこで代々生活を営んできた人にとっては、そこが都心のど真ん中であっても、思い入れがあって、問題があれば解決に動き、自分の家を掃除するのがあたりまえであるように、たとえば公園を掃除されたりしています。ゆえにしがらみもあり、場合によっては利益誘導的なこともあり、まあ、そこにはかつての自民党的な政治の現場もあったりもするのですが、そうした有象無象のわけのわからんゴチャゴチャを差っ引いても、こうしたネットワークの存在は、街の根っこのようなところを支えているように、僕は思います。

ミーツ的な切り口語り口が陽のあたる「まちづくり」だとしたら、こうした地域の人たちがつくっているネットワークは目立たない日陰の「まちづくり」を担っていますが、ここが崩壊したら、ミーツ的なまちづくり論もへったくれもなにもないと、僕は今、思っています。



梅田東の夜警は、旧大阪市立梅田東小学校に詰所を設置し(これだって、使用許可をとるのに役所的煩雑な手続きが必要になります)、12月28日〜30日の3日間、毎晩19時〜24時まで行なわれました。
参加される防犯委員の方々は、延べ人数で約45人。
茶屋町のおしゃれスポットを練り歩き、新御堂筋を超えてJRのガード下を北へ進み、豊崎の手前で西へ進路を変えて阪急電車の線路を目指し、線路の下を超えて済生会病院の横を歩き、WINSの裏を歩いて、阪急バスターミナルに出、再び茶屋町に帰ってきます。30分は歩きますかね。

詰所に戻ったらお茶を飲んで、少し休憩して、またもう一回。
あいだに、曽根崎警察や大阪北区役所、消防署、防犯協会などの担当役所、関係団体の方が、陣中見舞いに訪れます。この人たちも、評判の悪い役所の方々ですが、年末の夜のこんな時間に、陣中見舞いに来られているという現実もあります。夜警をやっているのはもちろん梅田東だけじゃなくて、ひと晩で8ヶ所くらい、陣中見舞いされている。
こういう現実を目の当たりにすると、評判の悪さを横に置いて、やっぱ、頭が下がりますよ。

とまあ、真面目に書いてますが、もちろん真面目に取り組んでる一方で、そこは商店街のオジィ連中なので、アホウな話に花を咲かせながら、ワイワイやるわけです。
そこでのコミュニケーションが楽しくて、僕は、わざわざ参加しているような気もします。



年末夜警、出発の図。旧梅田東小学校に詰所を設置してます。

年末夜警 茶屋町


ここは、芝田2丁目。ヨドバシカメラの北側です。

年末夜警 茶屋町


詰所に、曽根崎署、エラいさんが陣中見舞いに。役所の人たちも、年末の深夜に、何軒もこうして陣中見舞いされてます。

年末夜警 茶屋町






梅田東年末夜警
詰所:大阪市北区茶屋町1-40(旧大阪市立梅田東小学校)
12/28〜12/30 実施

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/265
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.