大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 天満立ち飲みツアー note.001 「天満酒蔵」- 僕の舌が間違ってるのか? | main | 天満立ち飲みツアー note.003 「墨国回転鶏Que Rico」 - メヒコ屋台でグダグダになるにはうってつけ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


天満立ち飲みツアー note.002 「天平」 - 幸せになるということはこういうこと。
天平


この界隈で三本の指に入ると、テーブルをどんと叩いて断言したいお店が、「天平」です。

JR天満駅からマクドの東側にある路地を北に向かっていき、路地を抜けて、そのまま北へ少し歩いたところにある、天ぷら&魚の美味いお店。

立ち飲み屋さんの新店ラッシュで陰に隠れてしまいがちやけど、半世紀、続けてこられたこのお店の実力は、ダテではありまへん。


詳しくは、以前のエントリーでも書いたんで、繰り返しませんが。
前回のエントリーは、こちら。

「絶品の天ぷらと接客の神さま女将がいるお店」



むかし、まだ社会に出たばっかりのとんがってるだけで若かったころ。
行動の動機のほとんどは、怒りでしたわ。
怒りとか初期衝動とか、ばっかやろう!とかぶっ殺してやる!とか、そういうもんを抱えながら、行く手を遮るやつらに突っかかっていって、一歩でも二歩でも前進するのが、動機になってました。

でもね、
ある日、
とれたてのピチピチの真鰯を口にして、あまりの美味さに破顔一笑なって、それで悟ったことがありましてん。
怒りや初期衝動をモチベーションにしてるかぎり、続かんわ。それはいつか、火が消える。
でも、
とれたてのピチピチの真鰯を口にしたときの破顔一笑とか、わけもなく高笑いしたくなるような、そんな感覚や感情をモチベーションにしてたら、しなやかで、火は消えそうにないなあ、と。
愛に包まれた生活を送っていたときなので(笑)きっとそんなことを思ったんでしょうが、天平で天ぷらを食べてると、そういう感覚を思い出すのですよ。

つまり、幸せになるってこと。





刺身盛り(1人前半)
天平


フキの天ぷら
天平


蓮根の天ぷら
天平


どんこの天ぷら
天平


オクラの天ぷら
天平


下仁田ネギの天ぷら。どれも美味いけど、下仁田ネギの天ぷらは初体験☆
ネギの白いところの中心がとろっとろです〜。
天平


〆に、かぶらのお漬けもん
天平


臭いがつくといけないので、上着はビニール袋に入れてくれます☆
天平


天ぷら名人にして、接客の神さまの女将さんです〜。
天平


いつもは注文したもんを暗記してる女将さんだけど、この日は満席状態でさすがに暗記の限界を超えた?
天平




【過去の天満立ち飲みツアー】
■天満立ち飲みツアー note.001「天満酒蔵」



天ぷら・季節料理 天平
大阪市北区天神橋5丁目1-14
tel. 06-6353-4714
11:30-14:30 17:30-21:30
日祝休み

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/258
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.