大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< さよならすかいらーく | main | 北区の国分寺は、大化の改新時の長柄豊崎宮造営計画で生まれた長柄寺が起源 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


梅田大丸で仏像フィギュアはともかくゴジラ、ガンダム、キングギドラのフィギュアに出会う!
大丸梅田店で、10/28〜11/3まで、「仏像ワールド」やってます。
行ってきました!

リアル仏像

リアル仏像


といっても、百貨店というところは撮影の許可が下りないところが多くて、隠れて撮影してやろうとも思ったんですが(笑) 結構な数の警備員と店員がいてはりましてですね、おとなしく見るだけにしてきました…。ケチ!

仏像といっても、フィギュアというか、ミニチュアです。もっとも、仏像それ自体が仏さんのフィギュアなので、ややこしいんですが、フィギュアのフィギュアということになりますな(笑)
埼玉にある仏像製作の「MORITA」が造ってはります。
サイトもあります。

http://www.butuzou-world.com/

人気の阿修羅像は、製造当時の極彩色のものと現代の色褪せたワビサビ仕様の2種が飾られてました。これ、もちろん売り物で、1体63,000円ですわ。
それにしても阿修羅、人気ありますなあ。たしかに奈良の興福寺にある現物の阿修羅は重々しいテーマを背負いながらも天平独特の軽やかさがあって、見事な仏像やと思います。悟り切っていない、仏になり切れていない阿修羅の生々しさは、青年の持て余す情念のようでもあり、僕も、ものすごく心惹かれます。
でも、こんなもん、家にあってもなあ(笑)
興福寺の阿修羅像を見るのは好きでも、そのミニチュアを高い金を出して買って、手元において置くという発想は、ちょっとないですわ。。

そして現代の仏師が精緻のかぎりを尽くして造ったのでしょうが、いくらそうであっても、模倣は模倣なんですよね。迫ってくるものは、やっぱ、ないです。高価なオモチャといったら怒られちゃうかもしれないけれども、それ以上でもそれ以下でもないと思いましたです、はい。

他、運慶と快慶作の大日如来(いっぱいあるんですが、どれのことなんでしょうか?)のミニチュア、浄瑠璃寺にあるものと思われる吉祥天女立像のミニチュア、広隆寺の弥勒菩薩半跏像(泣いている石田壱成じゃないほう←わかる人にはわかるたとえ☆)、四天王、金剛力士像、毘沙門天、如意輪観音像などなど、人気投票をやればいずれも上位に入ってくるであろう仏像のスターたちのミニチュアというかフィギュアが、いくつもいくつも陳列されてました。

感心したのは、非常に硬い材質のツゲで造られているのにもかかわらず、相当に細部まで再現(?)されている点ですな。これはやはり、技術の賜物やと思います。他、コールドキャストで造られたものもたくさんありまして、これは金型がしっかりしていれば量産できますから、あんま値打ちはないかも。。。



さてさて、この「仏像ワールド」では、仏像のミニチュア(←リアル仏像という変な名前がついてますが…)だけじゃなくて、ケヤキの一木造りで造られたガンダムやゴジラ、キングギドラなんかも展示されてるんですよ〜。


写真、産經新聞のニュースサイトからパクってきました(笑)
リアル仏像


これがですねえ、はっきりいって、こっちのほうが全然ワクワクしました☆
世代的には、ガンダムよりもキングギドラに、かーなりワクワクしましたです!!

羽を広げたキングギドラの躍動感、ウロコの1枚1枚まで再現された精緻さ!
しかもこれ、かーなり細かいのに、寄せ木造り(プラモデルみたいにパーツをつくってから全パーツを組み合わせて完成させる技法)じゃなくて、一発勝負の一木造りで造られている点ですね。こっちのほうが、よほど仏師の魂が込められているかと☆
版権を取得したうえでの製作だったので、それこそ細部まで原作に忠実に造る必要があったとのことなんですが、それって、仏像製作の作法にも通じてますわ。仏像製作にもいろいろと決まりごとがあって、そこを押さえたうえでの表現ですからね。

ちなみに、ガンダムは50,400円、ゴジラは315,000円。。。。

しばし、見とれてしまいました。





大丸梅田店11階
大阪市北区梅田3
tel. 06-6343-1231(代表)
HP http://www.daimaru.co.jp/umedamise/index.html


大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap




■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/193
トラックバック
ガスト クーポン
最後の「すかいらーく」営業終了 39年で、低価格店に転換 ‎21 時間前‎ 国内のファミリーレストランの先駆けとして39年前に登場した「すかいらーく」は29日、営業最終日を迎えた。最後に残った川口新郷店(埼玉県川口市)は、閉店予定

| 今日の笑っちゃう超オモシロニュース | 2009/10/30 4:02 PM |
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.