大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 松乃木神社の松は、火除けの松 | main | 浪速八百八橋 北区の橋シリーズ - 玉江橋 〜 かつてはこの橋から四天王寺が見えました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


「カンティプール」に行くとネパールにトリップできるのです
半ば常連さんみたいなもんなんで紹介するのも気が引けるんですが、やっぱ、ここらで取り上げときます。

今年は、カレーといえば天六の「カルダモン.」に行くことが多いんですが、一応僕は、もともとは、カレーといえば「カンティプール」!の人間なのですね。

天神橋筋の商店街の5丁目あたりの交差点から垂直に伸びている天五中崎商店街を中崎町に向かって歩いていって、途中、右の路地に入ったところの、ちょいわかりやすいところにあるのがね、地元民の僕的にはありがたいです。といっても、有名店なんで、いつ行っても、いろんなところからやって来る人で混み合ってますが。。。

カンティプール


カレーといっても、インドや東南アジアと違って、ここはネパール料理のお店です。
なんとなーく着飾ってあるけれども、よくよく見ると、このお店は、ほぼバラック造りの小屋で、床も土間なんですね(笑) これが、かぎりなくネパールっぽいというか、ネパールを思い出させるロケーションで、僕は好きです。ほいで、香辛料の匂いが店に近づくにつれ漂ってくるので、もう、ネパールにトリップです(笑)

ネパールは神々が棲む山を抱える神高い国ですが、じゃあネパール人が神高い人たちばかりかというと全然そんなことはなくて、まあ、うるさい(笑) インド人並の押しの強さと我の強さがありますな。ほいで、朗らか。そんなだから、きっと、大阪の気質に合うし、大阪にはどうも、その手のエスニック屋さんが多いように思います。

入るなり、あっち座ってね!と、強引に差配するマスターの様がね、しょーがないなー!って許せちゃうところが、この人の人徳というか愛嬌というか、とにかくいいんですわ。

カンティプール


で、カレー。僕はだいたいほうれん草のグリーンカレーかベジタブルカレーを食べるんですけど、あんまり、というか、ほとんど辛くないんですよね、これが。香りはいいけど、そんな辛くない。これが、じつにネパール的で、好きです。

インド亜大陸でカレーは、南に行けば行くほど辛くなりますが、ネパールは北のそのまた上にあるので、辛くないんですわ。暑くないから、発汗作用を促進させる必要もないし、なので、辛くする必要がない。で、旨味と香りを純粋に楽しめばよろしい、というカレーですな。楽しみたいのは、むしろ、コクです。

タイカレーだと大量の生スパイス+ナンプラー+ココナッツのハーモニーってことになるけれども、ネパールのカレーというと、定義付けできるかどうかはともかくとして、腹にずっしりくるわけではない、という気がします。インドや東南アジアのそれよりもずっとあっさりとしてますな、総じて。もちろんカレーはカレーだから、それなりに重たいけれども、腹にたまるような重たさでない、というかんじです。

カンティプール


それと、ナン! なんちゅーか、ここのナンは絶品です。入口のすぐ横でタンドール釜があって、そこで焼いたナンを、焼きたてで出してくれます。表面はパリッと焼かれていながら中はもっちりとして甘みがあって、しかもここのナンはでっかいんですわ。4つに割って出してくれるんだけど、これだけで腹一杯になりますな。

カンティプール

カンティプール



ネパール料理なんで、本当はモモも美味しいし、モモも食べたかったんだけど、ランチどきにいろいろ食べるとあとの仕事に差し支えますからな。モモはまた今度。



あ、ランチのカレーセットは、日替わりもあって、カレー+ナン+サラダのセットで、大抵は、800円程度で収まります〜。








カンティプール
大阪市北区黒崎町7-13
tel. 06-6359-3884
11:30-15:00 17:00-22:00
月休み(祝日のときは翌日休み)、第3日曜休み

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap


■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/161
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.