大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 「カンティプール」に行くとネパールにトリップできるのです | main | サンドアートの茶園さんが水都大阪の中之島会場でライブ製作してます☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


浪速八百八橋 北区の橋シリーズ - 玉江橋 〜 かつてはこの橋から四天王寺が見えました
北区の橋シリーズ第16弾です☆

今回は、玉江橋。

玉江橋



過去エントリーはこちら。

第1回の難波橋(ライオン橋)
第2回の川崎橋
第3回の船津橋
第4回の堂島大橋
第5回の上船津橋
第6回の鉾流橋
第7回の桜宮橋(銀橋)
第8回の大江橋
第9回の天神橋
第10回の中之島ガーデンブリッジ
第11回の水晶橋
第12回の渡辺橋
第13回の飛翔橋
第14回の毛馬橋
第15回の田蓑橋

ちなみに、大阪市北区の中之島に架かる橋は、東から、
毛馬橋(城北公園通)
飛翔橋
都島橋(都島通)
源八橋(扇町通)
桜宮橋(銀橋)(国道1号線)
川崎橋
天満橋(谷町筋)
こっから西は、中之島に架かってます。
天神橋(天神橋筋 - 松屋町筋)
難波橋(ライオン橋)(堺筋)
鉾流橋
水晶橋
大江橋(御堂筋)
中之島ガーデンブリッジ
渡辺橋(四ツ橋筋)
田蓑橋
玉江橋(なにわ筋)
堂島大橋(あみだ池筋)
上船津橋(新なにわ筋)
船津橋


大阪市北区の橋




玉江橋といえばなにわ筋に架かっている橋ですが、なにわ筋はもはや北区でもなんでもなく、強烈な違和感があるのですが、南詰めが中之島に架かっており、中之島は北区。そして、玉江橋自体も、北区の管轄になっています。

玉江橋

北向き車線と南向き車線がべつべつの橋になっていて、真ん中に、水道管のような大きなパイプが並行して走っています。

そのために、橋の長さが上流側と下流側とでは違っていて、
全長 上流側 / 77.0m 下流側 / 78.8m
となっています。

例によって江戸の元禄時代に行なわれた堂島開発のとき架けられた堂島5橋(大江橋・渡辺橋・田蓑橋・堀江橋・船津橋)のうちのひとつです。
ただ、このときは、古代大阪に架けられていたとの伝承がある堀江橋という名称だったのだけれども、のちの元禄11年(1698年)に堀江川が開削された際、川と同名の堀江橋が架けられたために、こちらの名称を玉江橋に変更してます。

玉江の由来は、『中之島誌』によると、古代、欽明天皇時代のころ、堀江で美しい玉が見つかり、堀川戎神社の御神霊としたのだけれども、その場所を玉江と呼んだことから、命名したらしいです。
「江」は、水辺とか水際とか、そういう場所のことですな。

ほいで、堂島川に架かる多くの橋がそうであるように、この橋も、明治18年(1885年)の洪水で流失、すぐに復旧させるんですが、今度は、明治42年(1909年)の北の大火で焼失です。天満からの出火ではじまった大火事の火は福島まで達したといいますが、なにわ筋まで来てたんですね。どんだけすごい火事だったんだか…。もちろん、このときは木橋です。


その後、1929年(昭和4年)の第一次都市計画事業によって、近代的な3径間鋼ゲルバー桁に架け換えられました。ここで、鉄橋化ですね。

その後、昭和44年(1969年)に高潮対策のためのかさ上げと拡幅工事がおこなわれ、この拡幅工事によって、下流側に新橋が架けられ、現在のような南向き車線と北向き車線がべつべつの橋になりました。


こんなかんじで、上流側と下流側に橋がわかれています。
玉江橋


さらに平成3年(1991年)には改装工事がおこなわれ、アルミ製の高欄やタイル舗装、照明灯などが設置されました。


さて、玉江橋から橋3本上流にのぼったところに中之島ガーデンブリッジがありますが、そこに、長谷川等伯が描いた、江戸時代の玉江橋の様子がわかる絵の複製が飾られています。

玉江橋


この絵によると、江戸時代、玉江橋の北には肥後藩、中津藩の蔵屋敷があり、南には久留米藩の蔵屋敷や理宝堂という薬師堂があり、縁日なんかのときには大層賑わったみたいです。橋は蔵屋敷出入りの物資運搬のための貴重な要衝だったんでしょうな。

この時代、橋の南側の中之島は、諸藩自慢の名松の枝が川面を覆って、美しい風景を演出していたようです。今、建築家の安藤忠雄氏が提唱しているのが中之島を桜でいっぱいにするプロジェクトですが、かつて、ここには枝振りのいい松を競っていた風景の現代版を狙っているんでしょうな。

ほいで、このときの玉江橋は反そりの大きな太鼓橋で、この橋を北から登っていくと、真正面に四天王寺の五重塔が見えたことでも有名で、その風景が好んで画題に取り上げられたようです。長谷川等伯の絵も、そういう絵ですね。もっとも、現在は高い建物が多くて、とても四天王寺までは見通せませんが(笑)


今は、どちらかというと、こんな風景を楽しむほうがいいかもしれません。

下流側を臨むと、堂島大橋。
玉江橋


上流側には、田蓑橋が見えます。
玉江橋





玉江橋
大阪市北区中之島4

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap
大阪市北区の主な橋





■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/155
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.