大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
<< 阪急百貨店のショーウィンドウが今月末で閉鎖なので、今、阪急百貨店の足跡を辿る写真展がディスプレイされてます | main | 浪速八百八橋 北区の橋シリーズ - 上船津橋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


浪速八百八橋 北区の橋シリーズ - 堂島大橋
北区の橋シリーズ第4弾です☆

今回は、堂島大橋。

過去エントリーはこちら。

第1回の難波橋(ライオン橋)
第2回の川崎橋
第3回の船津橋


ちなみに、大阪市北区の中之島に架かる橋は、東から、
毛馬橋(城北公園通)
飛翔橋
都島橋(都島通)
源八橋(扇町通)
桜宮橋(銀橋)(国道1号線)
川崎橋
天満橋(谷町筋)
こっから西は、中之島に架かってます。
天神橋(天神橋筋 - 松屋町筋)
難波橋(ライオン橋)(堺筋)
鉾流橋
水晶橋
大江橋(御堂筋)
中之島ガーデンブリッジ
渡辺橋(四ツ橋筋)
田蓑橋
玉江橋(なにわ筋)
堂島大橋(あみだ池筋)
上船津橋(新なにわ筋)
船津橋


大阪市北区の橋



堂島大橋は、あみだ池筋から堂島川をまたいで中之島に架かる橋ですな。南詰には、国際会議場があります(行ったことないけれども)。あみだ池筋が北区だとは信じられませんが、もちろん、橋の北側は福島区でして、北区ではありません。あくまで、南詰の中之島が北区なのであって、そのせいで、橋の管轄が北区になっとります。

堂島大橋は、明治16年(1883年)に架設。こんときは、木造です。
で、これが明治18年(1885年)の大洪水で流される、と。わずか2年の命でした(笑)

北区の歴史を調べていると、明治の大洪水で被害に遭った、という話は、いくらでも転がってますな。

これは、明治18年(1885年)に台風による強雨で、淀川が増水し、枚方から淀川南岸の堤防が次々と決壊して、北区を中心に約1万5,100ヘクタールのエリアが最大4m浸水、家屋流失1,631戸、家屋損壊1万5,491戸という、空前のスケールの災害です。

北区は、天満宮付近を除く全域がスッポリと濁流に浸かり、大阪駅では切符売りの窓口から水が出入りしていたといいますから、とんでもないです。
天満橋、天神橋などをはじめ、大川、土佐堀川、堂島川の橋はことごとく流失。そんときの建野郷三知事がですな、この事態を受けて、永久橋化に執念を見せ、府会の反対を押し切って、天満橋、天神橋、肥後橋、木津川橋の5橋を鉄橋に架け替えたとのことです。

ただ、堂島大橋は、こんときは鉄橋にならずにですな、明治42年(1909年)、もっかい木造の橋が架けられます。

その後、大正10年(1921年)に市電橋となって復活したあと、昭和2年(1927年)に、都市計画事業の一環で、市電の中之島線十三線が整備されたのに伴い、現在の鉄橋が架けられてます。

ちなみにこのあたりは地盤が軟弱で、きっとそのせいで鉄橋化が遅れていたように思うんですが、そのせいで、基礎工事には地下25mまで掘り下げ、900本の基礎杭を打ち込む難工事やったとのことです。まあ、これがどの程度の難工事やったんかは、建築の専門家ではない僕にはわからんのですが、とにかく、難しい工事やったそうですわ。

そんなわけで、現在の鉄橋は、

全長 75.80m
幅 22.55m

アーチ型のラーメン構造やそうです。ラーメン構造がどのような構造なんかは僕にはわからんのですが、一応知ってるウンチクを延べておくと、麺のラーメンじゃなくて、ドイツ語で「接合」って意味から来てる、と。

構造はともかくとして、こうして見ると、景観にマッチした、なかなか美しい橋やと思いますな。
中之島に架かってる橋は、この堂島大橋にかぎらず、美しい橋が多いですわ。





北詰から眺めた堂島大橋。向こう側が中之島で、国際会議場がデーンと鎮座してます。
堂島大橋


近づいてみて、かろうじて、「どうじまおおはし」と読めます。
堂島大橋


この骨組みが、アーチ型ラーメン構造?
堂島大橋


橋から東を臨むと、中之島の街並がひろがっています。
堂島大橋


西側は、ちょっと寂しいですな。向こうに見える橋は、上船津橋。
堂島大橋




堂島大橋
大阪市北区中之島5丁目〜6丁目

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap
大阪市北区の主な橋





■この町内の最近のエントリー■
スポンサーサイト

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://kita-ku.jugem.jp/trackback/104
トラックバック
/PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.