大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


大石内蔵助のお父さんのお墓が兎我野町にありました
赤穂浪士の話というのはあんまり興味がないです。
したがって、ストーリーも、うろ覚え程度しか知らない(笑)

こんな話でしたっけ?

江戸太平の世、元禄時代、播州赤穂藩主の浅野内匠頭が、高家旗本・吉良上野介に対し、江戸城殿中において刃傷に及ぶ。
浅野内匠頭は殿中抜刀の罪で即日切腹となり、赤穂藩は改易となった。
遺臣である大石内蔵助良雄以下赤穂浪士47名が12月15日未明に吉良邸に討ち入り、主人の吉良上野介をはじめとする吉良家家臣16名を斬る。
で、討ち入りに参加した浪士たちは、幕府の命により切腹。なお、ひとりだけ切腹しなかった。

主君の名誉を守るために、家臣たちが切腹も辞さずの覚悟で立ち上がった、という話でよかったんでしたっけ?

で、そんときの浪士47人の墓は、浅野内匠頭のそれとおなじ、東京の泉岳寺にあります。
で、著名人の常として、彼らの墓は、探せば全国各地にありますな。関係者にまで範囲を広げると、もう、日本中いたるところに(笑)

さて、兎我野町界隈でいつも気になっていたところがあって、まあ、忙しさにかまけてそのまま見過ごしていたところがあります。

これ。

円通院 大石内蔵助良雄実父権内良昭の墓


ここは円通院の墓地なのだけれども、お地蔵さんとこのお墓だけ、墓地の敷居の外に安置されています。
きっと、それなりに名のある人のお墓で、誰もが気軽に詣ることができるように、との配慮だとは思うんですが、はて、誰でしょうかね?

と思って、先日、チャリを停めて、まじまじと見てみると、

大石内蔵助良雄実父権内良昭
大石瀬左衛門清実父八郎兵衛

とありました。
これで、ああ、赤穂浪士の人ね、と思った次第。

大石内蔵助のお父さんの、権内良昭って人の墓ですね。
もいっこは、大石瀬左衛門清のお父さんの、八郎兵衛って人の墓。

円通院 大石内蔵助良雄実父権内良昭の墓


いろいろ調べてみると、
大石家の遠祖は平将門を討ち取った藤原秀郷であると伝えられていて、内蔵助の曽祖父良勝の代に、笠間藩
浅野長重に仕え、大坂の陣の功で家老職1500石取の身分となったとのことです。
祖父の良欽の代に、笠間から赤穂に転封された浅野長直、長友、長矩の三代にわたって家老職を勤めます。
で、件の権内良昭さんはこのあとを継ぐはずだったのだけれども、家督を相続する直前の34歳のときに、大阪で病死しているのですね。
おもしろいのは、
なので、大石内蔵助良雄が、そのまま家督を継ぐんですが、父・権内良昭の息子としてではなく、そんときの家督だった祖父・良欽の養子となって、大石家を相続している点です。
やっぱ、直子でないと、それ以外の叔父やらなにやらが黙っていないといったような、相続の問題があったんでしょうな。

と、妄想してみるんですが、どうでしょうか?

ほいで、権内良昭の墓の隣にあるのは、大石瀬左衛門清のお父さんの、八郎兵衛って人の墓。
内蔵助と瀬左衛門は親戚関係にあって、映画なんかでは、赤穂浪士たちをサポートする、無人・三平親子という役で登場する人のモデルとなった人なんやそうです。





円通院
大石内蔵助良雄実父権内良昭の墓
大石瀬左衛門清実父八郎兵衛の墓
大阪市北区兎我野町8
mapを見る


つけ麺じゃなくてラーメンを探して新規開拓 note.006 「西松家」 - 阪大生が開発した内定ラーメンを食す(ただし内定もらう予定はない)
 西松家 内定ラーメン


少しまえに、大阪大学の学生が就職活動をしている楽聖を応援しようと、内定ラーメンなるものを開発して、大阪市内のラーメン店で商品化してもらったという話を聞いたのでした。

なかなかやりおりますな、と思いつつ、そのラーメン店が僕の行動範囲内のところにあったので、行ってきたのでした。

場所は、兎我野町にある「西松家」です。
わりと、名の知れたラーメン屋さんですな。でも、行ったことなかったので、ちょーどいい。

何のラーメンが美味いのか全然知らないんだけれども、とりあえず、お目当ては、内定ラーメンです。
や、内定とりに行く予定ももらう予定もないけどね。

一応、内定ラーメンは僕が注文してもいいのか?と店に聞いてみたところ、どーぞどーぞ☆と快諾していただきました。
スープは、塩、トンコツ、味噌の3種から選ぶようになっていて、塩好きの僕は、当然のごとく、塩ですな。

んで、出てきたのは、これです〜。

西松家 内定ラーメン


スープはかなりアッサリめ、麺はエンジェルヘアの極細麺ですわ。スープはもちょっとコッテリしているほうが好みだけれども、麺は、細いのが好きですね。
んで、チャーシューはいいとして、ネギがドカン!これも好きです。

ほいで、目玉は、「内定祈願」とプリントされた巨大ノリです(笑)
つまるところ、このノリがついてたら内定ラーメンで、だからスープの種類が固定されてないのね。

ノリには、こんなことがプリントされてます。

西松家 内定ラーメン


一番下のフレーズがスープに隠れて見えないけれども、いいこと書いてありましたです。

「あなたはできる人。将来の夢や目標を明確にイメージしよう!」


僕は思うんだけど、「なんでもやります!一所懸命やります!」ってのは、会社にとっては、ほしい人材ではないですね。
会社がほしい人材というのは、端的にいうと、やりたいことを持っている人です。
というか、会社というところは、そういう場所ですわ。

会社が持っているおカネや人脈や、信用を使って、机もPCも電話も使って、やりたいことをやる、自分が提供したい商品やサービスを提供する。それが、まず最初だと、僕は思っています。
それを収益化するための理屈は、会社のなかのエラい人が考えてくれる。でも、なにをやりたいのかは、誰も考えてくれないし、その人なりのやりたいことがなければ、なにもはじまりません。

そういう、これをやりたい!って思いを抱えている人こそ、会社にとっての人材で、会社というところは、そういう人が集まってできるもんです。

なんでもやります!って人は、なにをしたいわけでもない、ってことになってしまうので、それはバイトでいいわけでね。

だから、将来の夢や目標を明確にイメージすることはとても大切なことだし、さらにいえば、それを相手に伝える術を持つことも必要です。

内定めざして、就職活動している人、頑張ってください☆



【つけ麺じゃなくてラーメンを探して新規開拓】
note.001 「煮干しラーメン 玉五郎」
note.002 「羆(ひぐま)」
note.003 「四川拉麺」
note.004 「天下一品 東梅田店」
note.005 「揚子江ラーメン 本店」








西松家
大阪市北区兎我野10-20
tel. 06-6365-6759
mapを見る



まるい飯店に行って、思い出は思い出として美しいままにしておいたほうがよかったと思ったのでした
むかし、風俗情報誌の編集長をやっていた時代があって、そのころは、仕事柄、兎我野町界隈はよく徘徊していたんだけれども、今は、歩いてすぐのところにいるのにもかかわらず、兎我野町は滅多に行かんエリアになってしまいました。

あのあたりの風俗街のど真ん中はラブホもたくさんあって、それこそ大昔は連れ込み宿やったんを改装してビジネスホテルを装ってみたけれども、使い途はやっぱりラブホ、みたいなところもあって、その代表格が丸一ホテル。

で、そのホテル、というよりも雑居ビルにしか見えんし、事実、雑居ビルとしての機能も持ち合わせているんだけれども、そこの2階に、有名な中華料理屋さんがあります。

まるい飯店


正面中央から中に入って、しかも2階の一番奥なんで、知らん人はまず入りません(笑)

まるい飯店

まるい飯店



うめだ花月があったころ、吉本の若手芸人がこの店をよく利用していて、そんな関係でメディアに取り上げられるようになって、そのおかげで有名なお店ですわ。

外を歩いてるだけでは絶対にわからんような場所にあるんですが、かといって隠れ家風というわけではなくて、ごくごく普通のB級中華のお店。

風俗情報誌編集長時代はちょくちょく食べにいってたんですが、もうかれこれ7、8年は行ってなくて、こないだ、思い出したように行ってきましたん。

ニンニク少なめの手づくり餃子が美味いんですが、今回は、ここの「まるい丼」が食べたくなって、それを。
お昼だと、ミニラーメンがついて、ワンコインで食べられます。500円也。安い。

まるい飯店

まるい丼っちゅーのは、見た目、中華丼なんだけれども、八宝菜+麻婆豆腐の辛くないやつ+絡めた卵というかんじで、しかも、アサリやらタコやらイカやら干しエビといった魚介も入っていて、いろんな丼のいいとこ取り!ってかんじの、太っ腹な丼ですねん。


というわけで、久しぶりに行って、久しぶりにまるい丼を食べてみたわけですが、ん〜、なんか違う(笑)
まるい丼の味付け、むかしはもっと濃かったように思う。薄味になってて、ちょいモノ足りません。具材に変化はないんですが、味付けが変わったな。

セットについてくるラーメンは、ひとくちすすっただけで、これは要らんわ〜、ってシロモノで、なんかむりやりなお得感演出に騙されたかんじです(笑)麺、ひっつきまくってるしな〜。

そーいえば、接客も、むかしみたいな愛想はなかった。

テレビやら雑誌やら出まくって、変節したか?


次はないかも。
行くとしても、5年後以降くらい。

やっぱ、思い出は思い出として、美しいままにしておいたほうがいいんですかね。。。




まるい飯店
大阪市北区兎我野町12-5 丸一ホテル2F
tel. 06-6363-2652
11:30-14:00 18:00-23:00(日曜は夜だけ)
不定休

mapを見る






1/1PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.