大阪市の北区をグルグル巡るブログ | 大阪市の北区メインでいろいろ仕事をしてます。仕事場も住んでるところも大阪市北区なので、北区をグルグル巡って、目にしたもん耳にしたもん感じたもんを、つらつらと書いています。

大阪市の北区をグルグル巡るブログ
大阪市の北区をグルグル巡るブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


扇町総高吹奏楽部「オーギーズ」の演奏には現状も未来も肯定する明るさがあるから、好き☆
正月も明けて間もない1月8日、北区人権啓発推進協議会ってところの主催で、北区民センターで映画の上映会があったのでした。
鶴瓶が主演の「ディア・ドクター」って映画。なにやらヒューマン・ドラマっぽいかんじのやつですが、よく知りません。見てないからな(笑)
まあ、映画はどーでもよろし。
映画のあとに、扇町総合高校吹奏楽部の人たちのコンサートがあると聞いて、そっちを見にいってきたのでした。

北区のあちこちのイベントで、この高校の吹奏楽部を見かけます。
OHGIES(オーギーズ)ってチーム名らしいです。
部員が何人いるのか知らないけれども、いつも50人くらいの規模で各種管楽器を奏でるさまは、なかなか壮観です。
テクニック的なところだけを取り上げたみたら、メチャクチャ上手いというわけではないです。
でも、彼ら彼女らの奏でる音楽からは、とっても元気をもらえます。

この年代、音楽のデーモンにとり憑かれてしまったら、悲しみを原風景に抱えながら表現していくしかないはずで、そーでなければただのノー天気なバカでしかないはずで、ではこの人たちはどちらなのかというと、じつはどちらでもない(笑)
なんかね、スポーツ的な爽やかさがあるんですよ。
見せかけのテクニックに走らず、かといって軋轢のノイズを放つでもない、なによりも悲しみを表現していない、誰かのために演奏していない、自分のために演奏している。だから、彼ら彼女らは、音楽を奏でることを、ものすごく楽しんでいます。それもチームで奏でることで、目的を共有する歓びみたいなもんもあって、その意味で、スポーツ的な爽やかさが漲っていて、見ていて、元気をもらえます。
その意味では、チアダンスに似てるな。
テクニック自慢のミュージシャンやら、ノー天気に熱情だけを発散しているような音楽が溢れ返ってるなかで、オーギーズの演奏は、まず自分たちが楽しんで演奏するという、素直な爽やかさがあって、僕は、そのへんの音楽よりもよっぽど好きです。
これが、還暦前後のオッサンやオバハンがやると、レイドバックした単なる懐メロにしかならない。そこには慰みはあっても爽やかさはありません。だから、おなじ楽しむといっても、その違いは大きいですわ。少なくとも、オーギーズの演奏には、現状も未来も肯定する、明るさがあります。

オープニング、いきなりステージに登場するのかと思いきや、普通に、客席横の入口から隊列を組んで入ってきはりました(笑)

大阪市立扇町総合高校 吹奏楽部「OHGIES」


まずは、客席フロアの一番前で勢揃い。ステージに上がらずに、しょっぱなはここで演奏です。
最初の曲は、「海兵隊」。
吹奏楽なんで、やっぱ、最初はマーチで景気付けですな!

大阪市立扇町総合高校 吹奏楽部「OHGIES」


んで、ステージに上がって演奏した曲は、AKBの「会いたかった」(笑)
このあたりになると、オジサンにはまったくわかりません(笑)
部員の何人かが、前に出てきて踊ってはりました。このあたりが高校生ならでは、ですな。

大阪市立扇町総合高校 吹奏楽部「OHGIES」


この他、大阪をモチーフにしたマーチ、「WE LOVE 大阪」ってのもやってはりました。そんな曲があるんですね。
なかなか景気のよさげなマーチ(笑)

んで、序盤戦を終えて、中盤、いくつか企画ものが用意されていてですね、まずは楽器紹介を兼ねたイントロ当てクイズ。

高音パートを担当しているフルート、ピッコロ、オーボエの人たちが奏でたのは「千の風に乗って」。

大阪市立扇町総合高校 吹奏楽部「OHGIES」


クラリネット、バスクラリネット隊は、「キラキラ星」。
吹奏楽の花形、アルト、テナー、バリトンのサックス隊は、「森のクマさん」をやってはりました。
解説によると、狩りに使われた角笛が発達してできたホルンは、「ヤッターマンのテーマ」。
トランペット隊は、「吉本新喜劇のテーマ」(笑)
人の声に一番近い楽器、トロンボーンは「サザエさんのテーマ」。

このあと、ジャズ・メドレーの「Let's Swing」では、演奏しながら振り付けもするという離れ業を!

ここでもうひとつ、企画もの。指揮者体験です。
指揮者をやってみたい人を客席から募って、実際に指揮棒を振るってもらいます。
勇敢なおばさんがチャレンジしてはりました☆

大阪市立扇町総合高校 吹奏楽部「OHGIES」


このあたりから客席が一気に沸き出して、客席全員を巻き込んで、ウサギ追いしかの山〜でおなじみの「ふるさと」合唱。

んで、アンコールも兼ねた最後は、楽団のテーマ曲にもなっている「学園天国」☆

大阪市立扇町総合高校 吹奏楽部「OHGIES」

大阪市立扇町総合高校 吹奏楽部「OHGIES」

いやいや、最後、大盛り上がりになって、いいコンサートでした。

音楽なんてのは、音楽になにができるのかなんて愚問の極みのような問いを発するまえに、なぜ奏でるのかを自問しながら奏でるべきで、ちょっとした人なら、誰しもが、そうせざるを得ないはずです。
でも、オーギーズの面々たちは、その問いを軽々と突破してる。現状と未来を肯定する明るさが、僕たちに元気を与えてくれてます。だからこそ、彼ら彼女らは、どんな場所ででも演奏できるはずだし、事実、そうやってきているのだと思います。

老若男女入り混じってる客席を湧かすのって、そんな簡単なことではないだけに、オージーズが場数を踏んでいるだろうことは、容易に想像がつきます。

実際、HPを見てみると、毎日の練習もさることながら、あっちこっちへ出向いていって、しょっちゅうコンサートをやってる。そこらへんのアマチュアバンドよりもはるかに場数を踏んでるんじゃなかろうか、ってくらいに。

むかし、扇町総合高校が商業高校だったころ、ヤンチャなのがたくさんいたんですよ。
学校行かずに、商店街の横の路地で昼間っから制服着たままタバコ吹かしてるのが、たくさんいたんですわ。

今、どうなってるのかまったく知らないけれども、この吹奏楽部の部員たちは、髪を染めてる人たちすらひとりもいなかったし、礼儀正しいし、触れていて好感が持てる人が多かったですね。
むかしと比べたら、かなり変わったのかな。




大阪市立扇町総合高校 吹奏楽部「OHGIES」
大阪市北区松ヶ枝町1-38
TEL. 06-6351-0036
HP http://www.ohgies.com/
mapを見る



日本最初の感化院の跡碑は、びっくりするくらいひっそりとたたずんでいる
池上雪枝感化院跡碑 

もう亡くなってしまったけれども、僕の師匠は、家業を経営するかたわらで地域のためのさまざまな活動に携わっていて、そのなかのひとつには、保護司なんてのもありました。

刑務所を出てきた人たちが社会に復帰できるよう助ける仕事ですが、出てきた人たちは、担当の保護司のもとに、定期的に顔を出さねばならんのですね。

師匠のところに遊びにいくたび、そういう人たちとよく顔をあわせました。
同時に師匠は社会的にも高い地位にあったもんだから、高そうなスーツ着たエラいさんも何人も来てはりました。

朝、師匠の店のまえには、ガラの悪そうなのと高そうなスーツ着たエラいさんとが混じりあって列をなしている光景は、なかなかシュールではあったんですが、人を差別も区別もしない師匠の人柄がよく表れた光景でもありました。

僕は、この師匠に商売のイロハと人生のあれやこれやを叩き込まれたんですが、まあ、それを書き出すとエントリーを何本出しても終わんないので、またおいおいに。

なんでこんなことを書いているのかというと、相変わらず北区をチャリでグルグルしていたとき、池上雪枝感化院跡碑を見つけたからなのでした。

天満宮から東へ何ブロックか行った先の角にその跡碑がありました。かつて、日本最初の感化院が天満にあったというのは本で読んで知ってはいたんですが、それらしき建物を見たこともなかったんで、もう、文献のなかだけのものなのかなあ、と、頭の片隅に追いやって、それきりにしていたら、たまたま、跡碑を見つけたのでした。

日本で一番最初に感化院が誕生したのは、1883年(明治16年)のことで、神道の布教を行っていた池上雪枝が自宅に開設したのが、はじまりとされています。

感化院というのは、今でいうところの、児童自立支援施設ですね。
その方面に明るいわけじゃないので、詳しいことどころか基本的なことも僕はよくわかってないんだけれども、調べてみると、家庭環境等から生活指導を要する児童を入所または通所させ、必要な指導を行って自立を支援する児童福祉施設、とあります。
少年院なんかの一歩手前の施設、と捉えたらいいんですかね? 間違ってたら、誰か教えてください。

当時、大阪の天神裏には歓楽街があって、ヤンチャな少年少女がたくさんいたらしいです。
そのなかから、塀の向こうに落っこちそうな危ないお子らを自宅に引き取り、面倒を見、奉公先を探してあげたりしてたのが、さらに進んで、彼らの教育や授産を手がけるようになり、それが感化院の設立へと発展していきました。これが、日本最初の感化院。

池上雪枝さんという人は、神道の布教を行った宗教家、社会事業家、として紹介されることが多いですね。もちろん、そうなのだろうけれども、評伝なんかを読んでいると、そういう抽象的な名称ではなく、ヤンチャなお子らをほっとけずに自宅に招いて世話を焼いていた、どこにでもいるような世話好きのおばちゃん、という感じがしてなりません。

天満界隈は下町だから、今でも隣近所の付き合いが色濃くあります。
他人さまのお子であっても、悪さをしたら、注意したり怒ったりする大人が、そこかしこにいます。
そういう人たちの延長線上に、池上雪枝さんはいたのではないか、と、僕は夢想するんですね。

そうするなかで、自分が生きていた地域に恩返しをしたい、生かされた土地のためになにかをしたい、という思いが芽生えたとき、彼女がやってきたことは、社会事業になったんだと思います。

そう考えると、僕の師匠に重なるところがあって、僕にはリアルに捉えることができます。
実際はそうじゃなかったのかもしれないけれども、そうであったら僕は幸せなので、そう思うことにしたのでした。

しかし、日本最初の感化院の跡碑にしては、これは、ひっそりとしすぎてる。
もーちょっとどうにかならんのですかね?

池上雪枝感化院跡碑



池上雪枝感化院跡碑
大阪市北区松ヶ枝町3-20

mapを見る


松乃木神社の松は、火除けの松
松乃木神社

帝国ホテルのあるOAPへ向かってチャリを走らせている途中、ちっこい神社を発見。神社というか、ほとんど、個人のお宅の庭といったかんじです。個人のお宅の庭に神社がある贅沢というか、庭に食い込んで大変な目に遭っているというか…、や、どっちだか知りませんが、とにかく、ちっこい神社を発見したのでした。

近づいてみると、松乃木神社とあります。

そーいえば、このあたりは、松ヶ枝町。きっと、町名の由来となった神社かな?と当たりをつけて、調べてみました。

すると、ビンゴ☆

松ヶ枝町は明治6年に、このあたり一帯が大阪市に編入されたときにつけられた町名で、松の大木があったことに由来しているのだそうです。

その大木は、南北20mに、横たわる龍のようにひろがった臥龍の松で、なかなかめでたい松なのでした。
天保8年(1837年)の大塩平八郎の騒動や明治42年の北の大火にも焼け残り、火除けの霊松として崇められていました。
霊性を感じる大木や古木は、大抵の場合、ヘビが棲んでいて、ミイサン(巳さん)伝説があるものが多いのだけれども、ここの松は火除けです。もちろん、切り倒そうとすると必ず病気になったり死んだりしたという伝承は、こちらにも、お約束としてあるそうです。

さて、数々の火から生き延びてきたこの松も、大正9年、残念ながら枯死します。

その翌年、早速、この松の霊を祀った祠と霊松碑が建てられ、将来にわたって長く火災が起こらないように祈念したとのことです。

昭和20年、空襲で祠も碑も焼けてしまいましたが、昭和25年、祠を再建して、現在の松乃木神社としたそうです。

きっと、ここの地主さんだけじゃなく、地の人たち皆で、地の神さまとして、大切になさってるんでしょうな。


松乃木神社
大阪市北区松ヶ枝町2-41

大阪市の北区をグルグル巡るブログのためのmap



1/1PAGES
▲page top

pagetop
Copy Right(c)2009-2011 Joe's Garage inc. Asakaho Luis Ryuta All Rights Reserved.